アクロディアコリア、KFA公式ライセンスソーシャルゲーム「韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズ」をGoogle Playで配信開始

PR TIMES / 2013年12月26日 9時37分

~来年1月には、App Storeにも登場予定~

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堤 純也)は、連結子会社であるAcrodea Korea, Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役社長:Joon Hyung, Kim、以下アクロディアコリア)が、この度、現役韓国代表選手の実名実写を使用した大韓サッカー協会(Korea Football Association、以下KFA)公式ライセンスソーシャルゲーム「韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズ」をGoogle Playで配信開始しましたことをお知らせいたします。



【韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズの概要】
 「韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズ」は、現役サッカー韓国代表選手31名が実名実写で登場するソーシャルゲームです。ネイティブアプリならではの3Dグラフィックス表現をフルに用いて、スマートフォン最高レベルのクオリティを実現しました。
 ユーザーは、韓国代表チームを率いる監督となり、チームを成長させていきます。「太極戦士*モード」で行われる公式試合に参加し、16日ごとに開催される世界大会で優勝を目指します。
 「太極戦士モード」以外にもさまざまな試合モードが楽しめます。「親善試合モード」では他のユーザーとPVP(Player VS Player)対戦で自分のチームレべルを把握し、「ギルドモード」では最大23名で1つのチームを組みチーム間の試合に臨めます。
 さらに、ソーシャル機能も充実しており、ギルドに加入すると、他ユーザーとチャットをしながらゲームを楽しめます。また、ギルドメンバーを追加する過程で、韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズのユーザーではない人をもゲームに招待できる機能を備えています。
 そして来年春には、日本のユーザーとの国際試合が実現、日本のユーザーギルドとゲーム上で熱のこもった日韓戦が繰り広げられる予定です。
 アクロディアコリアのゲーム事業部長 リ・チャンギは、『韓国サッカー国家代表イレブンヒーローズは、KFA公式ライセンスにより、韓国代表選手を活用して自分だけのオリジナル代表チームを率いることができる魅力的なゲームシステムを備えています。選手の最盛期や弱体化など、リアルなゲームプレイが楽しめます。』と述べています。
 今後、さらにゲーム内イベントや機能追加を行うとともに配信プラットフォームを拡充し、世界中のサッカーファンに愛されるソーシャルゲームへと成長させてまいります。
 (*太極戦士:サッカー韓国代表の愛称のひとつ)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング