【プレスリリース】中央アフリカ共和国 戦闘激化 50万人が避難、1時間に3人が殺害 ユニセフ支援物資77トン、首都バンギへ到着

PR TIMES / 2013年12月16日 14時46分

アフリカ中部・中央アフリカ共和国で戦闘が激化し続けるなか、ユニセフは16日、子どもに
対する殺傷や虐待、暴力は、人道に対する侮辱であるとの声明を出しました。




※本信は、ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文をご入用の際は、日本ユニセフ協会 広報室までお問い合わせください


【2013年12月16日 バンギ / ニューヨーク】
アフリカ中部・中央アフリカ共和国で戦闘が激化し続けるなか、ユニセフは16日、子どもに
対する殺傷や虐待、暴力は、人道に対する侮辱であるとの声明を出しました。

ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は、「この“忘れられた危機”のなかで、
中央アフリカ共和国の子どもたちの命は、長すぎる間、軽視され続けてきました」と声を
あげます。

「私たちは今、この現実をつきつけられています。この悪意に満ちた紛争に、現在、230万人
もの子どもが巻き込まれています。子どもたちは、キリスト教徒、あるいは、イスラム教徒で
あるという理由だけで殺されています。子どもたちは避難を余儀なくされ、武装した戦闘員を
避けるため、恐怖のなかで身を隠しています。子どもたちは残虐な暴力行為を目撃しています。
さらに、武装勢力に加わることを強いられており、その数は6,000人にも上るとみられています。
子どもたちに対するこれらの残忍な攻撃は、人道に対する侮辱です」とレーク事務局長が
続けます。

中央アフリカで発生している紛争により、これまでに50万人を超える人々が避難を余儀なく
されています。最新の報告によれば、12月の2週目だけでも、平均して1時間に3人が、戦闘
により殺されました。このように安全が脅かされる中、ユニセフは、バンギやボッサンゴア、
カガバンドロなどの紛争地帯において、避難した家族が必要とする支援を続けています。


今年、ユニセフはパートナーと共に、48万人を超える5歳未満の子どもに、はしかの予防接種を
実施。主にボッサンゴアの避難民4万7,000人に毛布や、防水シート、石鹸、燃料容器を提供
しました。現在、およそ28万人の人々が安全な水を利用することができます。またユニセフは、
非常に多くの子どもたちが経験している心的外傷(トラウマ)に対する支援の一環で、子ども
たちが学んだりレクリエーション活動ができる、安全な空間を提供しています。

先週13日(金)、ユニセフは、毛布や石鹸、燃料容器、薬、浄水用品、防水シート、保健用物資、
助産用物資などの支援物資77トンを首都バンギに空輸。紛争に巻き込まれた家族へ、命を守る
支援物資を空輸するのは過去1年間で5回目になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング