楽天リサーチ、「日本人が意識する日本」に関する調査を発表

PR TIMES / 2014年12月24日 16時11分

- 9割近くの人が、日本の将来を不安視。一番「誇り」に思うところを、日本人の「性格」と考える人が多い。20代は、「サブカルチャー」が誇らしいと考える人の割合が高い -

楽天リサーチ株式会社は、日本人が意識する日本に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年
12月9日(火)から11日(木)の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行いました。

URL: http://research.rakuten.co.jp/report/20141224



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
調査概要
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■日本の今に「不満」と考える人は、約6割。日本の将来を不安視している人は、9割近くにのぼった
日本の「今」に満足しているか聞いたところ、「どちらかといえば不満」、「不満」を合わせて、約6割の人が「不満」と答えた(57.5%)が、「どちらかといえば満足」、「満足」を合わせて、約4割の人が「満足」と回答した(37.5%)。
一方、日本の「将来」に対してどう思うか聞いたところ、「どちらかといえば不安」、「不安」を合わせて、9割近くの人が「不安」と答え(85.2%)、「どちらかといえば安心」、「安心」を合わせて、「安心」と答えた人は、全体のわずか約1割にすぎない(11.2%)。


■日本の一番「誇り」に思うところを、「日本人の性格」と回答する人が最も多かった。20代は、ほかの年代に比べて「日本人の性格」を挙げる人の割合は少なく、「サブカルチャー(現代音楽・マンガ・アニメ・映画等)」と回答する人が多かった
日本の何を一番「誇り」に思うかを聞いたところ、「日本人の性格(親切心、協調性、勤勉さ等)(36.2%)」という回答が最も多かった。つづいて多かった「伝統の食(郷土料理など)(17.0%)」に19.2ポイントの差をつけた。
「日本人の性格(親切心、協調性、勤勉さ等)」を日本の誇りだと考えるのは、20代(23.5%)が、ほかの年代(平均39.4%)に比べて15.9ポイント低かった。一方、20代(12.0%)は、ほかの年代(平均3.5%)に比べて、「サブカルチャー(現代音楽・マンガ・アニメ・映画等)」と回答した人が8.5ポイント高かった。


■日本を代表する人物といえば「スポーツ選手」と挙げる人が多い。トップ3は、「イチロー」、「安倍晋三」、「宮崎駿」という結果に
日本を代表する人物の中で、どの分野で活躍している人を最初に思い浮かべるかを聞いたところ、「スポーツ選手(27.7%)」が最も多く、つづいて「政治家(15.3%)」、「映画監督(10.5%)」が多い。
自由回答で、人物名を1名ずつ挙げてもらったところ、「イチロー(13.2%)」、「安倍晋三(11.6%)」、「宮崎駿(11.4%)」の順で多いことがわかった。3人のみで全体の36.2%を占める。


【調査概要】
調査エリア  : 全国
調査対象者  : 20歳~69歳 男女
回収サンプル数: 1,000サンプル
調査期間   : 2014年12月9日から12月11日
調査実施機関 : 楽天リサ-チ株式会社

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング