2013年の花粉症に関する実態調査(マクロミル)

PR TIMES / 2013年6月3日 13時27分

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、
2013年の花粉症の実態と対策について、全国の20~69歳の男女を対象に調査を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2013年5月2日(木)~5月5日(日)。
有効回答数は3,000名から得られました。



■今年、花粉症を発症したのは45%。昨シーズンの41%から増加
■花粉症の主な症状は「鼻水」「くしゃみ」「目のかゆみ」が8割以上、
最もつらい症状は「鼻づまり」 
■発症者の半数が市販薬を利用。病院を利用した人は3割、両方利用した人は16%
■花粉症対策商品トップは「マスク」「目薬」「鼻炎薬」「点鼻薬」
■花粉症で通院した診療科は「耳鼻科」50%、「内科」40%、「眼科」14%


=====================================================================
■ 今年、花粉症を発症したのは45%。昨シーズンの41%から増加
=====================================================================

 今シーズンと昨シーズンの花粉症の発症を尋ねたところ、
「昨年は発症しなかったが今年は発症した」人が6%、
「昨年も今年も発症した」人が38%と、今年発症した人は45%となりました。
「昨年も今年も発症していない」人は53%となり、
約半数の人が花粉症を発症したことがわかりました。

=====================================================================
■ 花粉症の主な症状は「鼻水」「くしゃみ」「目のかゆみ」が8割以上、
最もつらい症状は「鼻づまり」
=====================================================================

 今年、花粉症を発症した人に症状の種類を尋ねると、
「鼻水」88%、「くしゃみ」81%、「目のかゆみ」80%、「鼻づまり」58%となりました。
症状の重さを尋ねると、「大変苦しかった」「苦しかった」の合計値が「鼻水」では56%、
「くしゃみ」では47%、「目のかゆみ」では52%となっているのに対して、
「鼻づまり」は64%と比較的症状が重いことがわかりました。

=====================================================================
■ 発症者の半数が市販薬を利用。病院を利用した人は3割、両方利用した人は16%
=====================================================================

 今年、花粉症を発症した人に市販薬と病院の利用状況について尋ねました。
通院せず市販薬(「鼻炎薬(内服薬)」「点鼻薬」「目薬」)だけを利用した人は37%、
通院したが市販薬を利用していない人は16%、
病院と市販薬ともに利用した人は16%、市販薬と病院ともに利用していない人は32%となっており、
発症者の半数が市販薬、3割が病院を利用していることがわかりました。

=====================================================================
■ 花粉症対策商品トップは「マスク」「目薬」「鼻炎薬」「点鼻薬」
=====================================================================
 
 

 今年、花粉症を発症した人に市販の商品の購入状況を尋ねたところ、「マスク」が52%と最も多くなりました。
市販薬では、「目薬」38%、「鼻炎薬(内服薬)」29%、「点鼻薬」18%となっており、
「目薬」の購入が多いことがわかりました。
市販薬の購入理由としては、「気軽に買えるので」63%、「病院に行くのが面倒なので」41%との回答が多く、
次いで「市販薬で十分対処できるので」29%、「医療用医薬品の成分入りの薬が市販薬として購入できるので」27%と
市販薬の効果に対する信頼も伺えました。

=====================================================================
■ 花粉症で通院した診療科は「耳鼻科」50%、「内科」40%、「眼科」14%
=====================================================================

 今年の花粉症対策で通院した人(「予防での通院含む」)に、利用した診療科を尋ねたところ、
「耳鼻科」が50%と多く、「内科」40%、「眼科」14%となっていました。
「眼科」が少ない理由としては、目の症状は市販薬の「目薬」で対応しているからだと推測されます。
また、病院を利用する理由は、「医者の診察をしてもらいたいので」
「毎年行っているので」がともに41%となっており、
医者に対する信頼と習慣が大きな要因となっていることが伺えます。
また「市販薬は効かないと思うので」18%、「自分の症状がどの市販薬で対処できるかわからないので」15%、
「市販薬を使ったが、効かなかったので」14%と、
市販薬に対する不満も少なからず伺える結果となりました。


【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査対象:20~69歳男女(マクロミルモニタ会員)
有効回答数:合計3,000サンプル(男性1,500サンプル、女性1,500サンプル)
調査日時:2013年5月2日(木)~5月5日(日)
調査機関:株式会社マクロミル

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング