“テーラーメイド”が世界2ツアーで同時優勝!

PR TIMES / 2013年5月28日 19時29分

ブー・ウィークリー、『R1ドライバー』で5年ぶり3勝目を獲得!米国シニアツアーでは、井戸木鴻樹がメジャー初制覇!

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)では、同社が展開する 「テーラーメイド-アディダスゴルフ」契約のブー・ウィークリーが、5月23日~5月26日に開催された米国男子ツアー「クラウン・プラザ・インビテーショナル」(開催場所:コロニアルCC/テキサス州)で、5年ぶりの優勝を果たしました。さらに、同週に開催された米国シニアツアー「全米シニアプロ選手権」(開催場所:ベルーフCC/ミズーリ州)において、「テーラーメイド」契約の井戸木鴻樹が、日本人初の快挙となる米国男子シニアツアーのメジャータイトルを獲得。世界2ツアーで同時優勝を果たしました。



米国男子ツアー「クラウン・プラザ・インビテーショナル」最終日、首位に1打差2位タイからスタートしたブー・ウィークリーは、『R1ドライバー』を駆使し、中盤以降4つのバーディを奪取。トータル6バーディ、2ボギーの「66」をマークし、逆転優勝を飾りました。足元は、アディダスゴルフの軽量フットウェア『adizero Tour』がサポート、難関コース制覇に貢献。2007年、2008年の「ベライゾンヘリテージ」連覇以来、5年ぶりとなる自身ツアー通算3勝目を手にしました。


今回の勝利により、米国男子ツアーにおいて、『R1ドライバー』が開幕から22戦連続でモデル別使用率No.1*1を獲得。多くのツアープロから高い支持を得ています。


さらに、米国シニアメジャー初戦「全米シニアプロ選手権」では、「テーラーメイド」契約の井戸木鴻樹が、最終日6バーディーノーボギーの圧巻のプレーで逆転優勝を達成、メジャー初制覇という偉業に「テーラーメイド」ブランドが貢献しました。今回の2ツアーにおける勝利により、「テーラーメイド」ブランドのドライバーが、世界のツアーで27勝*2を記録。世界のツアーにおいて、「テーラーメイド-アディダスゴルフ」製品が勝利に大きく貢献しています。


ブー・ウィークリー 使用スペック*3

ドライバー     :『R1 ドライバー』
フェアウェイウッド :『TaylorMade ROCKETBALLZフェアウェイウッド』(15.0)
ユーティリティ   :『TaylorMade ROCKETBALLZ Tour レスキュー』(21.5)
ボール       :『LETHAL』
フットウェア    :『adizero Tour』(アディゼロツアー/アディダスゴルフ)
アパレル      :『アディダスゴルフ』

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング