昭和の車両や、最新鋭新幹線の乗車!鉄道ファン注目の台湾鉄道体験!「人気車両でつなぐ 台湾鉄道浪漫行」を発売しました!

PR TIMES / 2013年11月29日 17時5分



(株)日本旅行(本社:東京都港区、社長:丸尾和明)は、鉄道ファン憧れの台湾鉄道を体験する「人気車両でつなぐ台湾鉄道浪漫紀行」を発売しました。

観光、ショッピング、グルメなど話題も多く、リピーターも多い台湾。新幹線開業を期に、鉄道の旅も注目されつつあります。

新旧様々な日本製車両も活躍しており、魅力ある美しい台湾の風景を車窓に、「昭和の汽車旅」を楽しむような懐かしさを感じる鉄道車両と旅をご紹介。当ツアーならではの企画が満載です。

<ここがポイント!!>
【1】台湾鉄道の人気車両に乗車!もちろん日本製の最新鋭
電車「プユマ号」にも乗車!
【2】普段一般には公開されていない車両基地を見学!
【3】枋寮~台東間では、人気の旧型客車「普快車」に乗車し、
汽車旅を満喫!
【4】台湾中南部で栄えた製糖産業をささえた製糖鉄道に乗車!
通常は土日祝日しか運行しないSLを特別運行します!
【5】台湾の縁起きっぷ「保安~永康」を現地にてお渡しいたします。
【6】駅弁博物館「悟餐文化故事館」を見学!
     

1.商品名    
「人気車両でつなぐ台湾鉄道浪漫紀行」(東京発、大阪発)
             
2.出発日   
2014年 1月 6日(月)、1月20日(月)、2月10日(月)
2月17日(月)  *いずれも4泊5日
  
3.旅行代金
東京(羽田)発 129,000円 大阪(関空)発 139,000円


4.日程
1日目 羽田発(朝)-(航空機)-台北着(午前)/関空発(午前)-(航空機)-台北着(午後)
通常は非公開の七堵(チードゥー)機務段及び台北駅鉄道資料文献室見学
朝食:なし/昼食:なし/夕食:レストラン 台北泊 (ゴールデンチャイナまたは同等クラス)
2日目 台北発→(新幹線) 高鉄(新幹線)にて台中(タイジョン)へ。
渓湖糖廠(シーフータンチャン)のSL牽引列車に乗車(通常土日祝日にしか走らないSLを特別運行)
その後彰化(チャンファ)機務段にて扇状庫と留置車両見学
台中→(新幹線)→台南
昔懐かしい保安(バオアン)駅舎見学と縁起切符入手の後、高雄(カオシュン)へ。
朝食:ホテル/昼食:なし/夕食:レストラン 高雄泊(アンバサダーホテルカオシュン)
3日目 旧高雄港駅跡の打狗鐵道故事館にて展示車両を見学 高雄発、自強号にて枋寮(ファンリャオ)へ。
枋寮より普快車の旧型客車に乗り、台東(タイドン)へ。通常は非公開の台東機務分段にて留置車両見学。
朝食:ホテル/昼食:なし/夕食:レストラン鹿野(ルーイェー) 温泉泊 (ルミナスホットスプリングリゾート&スパ泊)
4日目 日本統治時代の面影が残る、旧關山(グァンシャン)駅舎見学。池上(チーシャン)では、駅弁博物館「悟餐文化故事館」を見         学。
     池上から自強号で花蓮(ファーリェン)へ。通常は非公開の花蓮機務段見学後、プユマ号で台北へ。
     朝食:ホテル/昼食:なし/夕食:レストラン  台北泊 (ゴールデンチャイナまたは同等クラス)
5日目 午前:台北市内観光(中正紀念堂、龍山寺の2カ所を下車観光)途中ショッピング店2店にご案内。
     昼食は担仔麺料理。
     朝食:ホテル/昼食:レストラン/夕食:機内
     台北発(夕刻)→(航空機)→関空着(夜)/台北発(夕刻)-(航空機)-羽田着(夜)

5.募集人員 各出発日東京発・大阪発合計で30名(最少催行人員は東京大阪発合計15名様)

6.お申込み 
日本旅行ホームページ又は電話予約センターにてお申込みください。
東京予約センター:0570-200-002(平日9:30~18:30、土日祝9:30~18:00)
大阪予約センター:0570-666177(平日9:30~19:00、土日祝9:30~18:00)

http://www.nta.co.jp/kaigai/asia/taiwan/transport/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング