外国人向けの人材サービスを展開するインバウンドテクノロジー株式会社が成功事例を公開~MAツール「マーケロボ」導入事例~

PR TIMES / 2020年9月30日 13時45分

営業パーソン10名がMAツールを活用

営業マンのためのMAツール「マーケロボ」の開発・運用を行うMarketing-Robotics株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中 亮大、以下 Marketing-Robotics)は、人材紹介、不動産など幅広く事業を手を掛けるインバウンドテクノロジー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 林 秀乃佑、以下 インバウンドテクノロジー)の成功事例を公開しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22617/117/resize/d22617-117-784223-1.png ]

(左:インバウンドテクノロジー:渡邉 様、右:マーケロボ:茂木)

マーケロボの概要はこちら
https://mk8-robo.com/


概要

「和の心を世界に広げ、テクノロジーの力で新しい今日を創る」を理念に掲げ、外国人向けの住まいの提供・ホテル・投資・クレジットカードの発行・携帯の発行・SIMの取得など、外国人に必要なインフラすべてを提供するプラットフォームを運営するインバウンドテクノロジーは、コロナ渦の影響で代わり行く営業スタイルへ柔軟に対応且つ、加速させるために本格的に活用を開始。現在の成果状況や今後に向けた期待について、お聞きました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22617/117/resize/d22617-117-280368-3.png ]


〈お客様の声ご担当者様〉
インバウンドテクノロジー株式会社
取締役    :鴻野 亮 様
営業部    :渡邉 力矢 様
会社URL   : https://ib-tec.co.jp/
成功事例公開日:9月30日


お客様の声

■課題

顧客開拓がテレアポのみで属人的な営業になっていた

〈営業部:渡辺 様〉
このコロナ渦の影響で、電話がつながらないということが頻繁に起きていました。

過去、お取引があったお客様の状況を確認しようにもできない状態が続いておりましたので、どのようにしてダイレクトに連絡ができるかを模索していました。
また、新規の顧客開拓方法も8割がテレアポです。

各営業マンが属人的に対応している状態なので、ここの統一もしていきたいなと考えておりまます。

見込みのお客様も増えて来ておりますので、定期的なインサイドセールス、メルマガを通じて関係性を作り中長期的な契約を増やしていきたいと考えています。
正直、難しいところではありますが、挑戦のしがいはありますね。


■導入後の効果

最短15分で受注

〈取締役:鴻野 様〉
1番最初に配信させていただいた時にですね、まさに15分後に受注という結果になりました。

反応があったところにインサイドセールスが電話をかけ、「ちょうどニーズがあったタイミングであった」とお話をいただきました。
そのお客様は過去に一度お取引をさせていただいてるお客様で、今退職した弊社のメンバーが対応しておりました。

その際に引継ぎがうまくいってなかったのですが、そこをMAツール、またインサイドセールスを使って改めて再受注できたことは非常によかった実績の一つです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/22617/117/resize/d22617-117-631428-2.png ]


〈営業部:渡辺 様〉

私が使用している中での効果といいますと、やはりメールの既読、資料のDL可否がわかるようになり、その状況を知った上でアプローチできるようになった点です。
商談設定も「マーケロボ」を使用した上でいくつか上がってきているので、これが常時続くような体制にできればと考えております。

■今後やっていきたいこと

「マーケロボ」を活用した集客施策

今の時期では難しいかもしれませんが、一括送信機能やフォームなども使用して、月1回のペースでイベントを行っていきたいと考えています。
私自身が使用し始めて間もないのもあり、十分な機能を使いこなせていないのでこれからが楽しみです。

弊社では、現在10名の営業の人間がそれぞれ「マーケロボ」を使用しており、見込み顧客の行動を把握しながら営業活動を行っています。

各々が使用しているということは、浸透してきている証拠なので、あとはここに多少の約束などを作って仕組み化していきたいですね。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後も当社はお客様第一に、お客様に寄り添いながら「マーケロボ」を通じて最前線で活躍する営業パーソンの方々の課題を解決・サポートすることに注力し、営業のデジタル化を推進してまいります。

その他の導入事例はこちらから
https://mk8-robo.com/case/


各種お役立ち資料

Marketing-robotics株式会社では、MAツールやインサイドセールス等に関する理解を深めることができる約40種類のコンテンツを用意しています。

詳細・ダウンロードは以下のページよりご参照ください。
https://mk8-robo.com/documents/


MAツールとは

MA(マーケティング・オートメション)によって、従来のアナログで属人的な営業活動の一部を自動化できます。またデジタル技術を用いることで従来の営業活動では把握不可能だった見込顧客の行動を可視化したり興味度合いを計測することができます。

MAツール「マーケロボ」の導入により、お客様の状況が見えず営業パーソン個々人の感覚や能力によって行ってきた営業活動が一変します。フィールドセールスやインサイドセールス(内勤型営業)が、お客様のタイミングを瞬時に把握することができるので、「最適な情報やサービス」を「最適なタイミング」且つ「最適な方法」で提供することが可能になります。

既にマーケロボを導入した企業様は下記のような成果をあげています。
・アポイント率が20%以上向上
・セミナー実施後の成約が2倍に
・営業人員を半減させても売上数値を維持
・導入半年で売上を落とさずにテレアポが0件に


Marketing-Robotics株式会社とは

Marketing-Robotics株式会社は、営業のデジタル変革を行うためMAツール「マーケロボ」を2018年4月にリリースしました。翌5月には上場企業4社と資本提携を行い、翌6月には東洋経済新報社が発表する「すごいベンチャー100」に選出されました。

これまではツールの無料提供のみは行っておらず、全社にMAツールの運用代行・コンサルティング業務を提供してきました。100社以上のMAツールの運用代行・コンサルティング実績があり、ツールのみを開発提供しているベンダーとの大きな差別化要因となっています。また、2020年5月からは、MAツールのSaaS提供に踏み出しました。

先月には、「IT導入補助金2020」制度の認定ITツールとして、営業マンのためのMAツール「マーケロボ」が採択されましたので、この機会に「マーケロボ」をお試しください。
https://mk8-robo.com/markerobo_free_registration/


会社概要

【Marketing-Robotics株式会社】
会社名        :Marketing-Robotics株式会社( https://marketing-robotics.com/
所在地        :〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-8-8 宇津共栄ビル2F
設立         :2016年9月
代表         :田中亮大
資本金        :3億9,695万円(準備金含)
事業内容       :DX(デジタルトランスフォーメーション)推進事業
           営業マンのためのMAツール「マーケロボ」の開発・コンサルティング
マーケロボ公式サイト : https://mk8-robo.com/
採用サイト      : https://marketing-robotics.com/recruit/


【本件に関するお問い合せ】
Marketing-Robotics株式会社 広報担当:茂木(もぎ)
TEL:090-6476-4466/ E-mail:info@marketing-robotics.com
フォーム: https://mk8-robo.com/contact/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング