1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

国内初!デジタルファーストの新スタイル「三井住友カード(カードレス)」を10月4日に発行開始!

PR TIMES / 2021年10月4日 11時15分

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、2021年10月4日(月)より、Visaブランドのクレジットカードとしては国内初となる、プラスチックカードが発行されないモバイル端末専用のカードレスカード「三井住友カード(CL)」の提供を開始いたします。
また、モバイルペイメントの大手LINE Payにおいても、本日より「Visa LINE Pay クレジットカード(CL)」(カードレスLINEクレカ)の提供を開始します。今後、国内エアライン大手ANAと発行する「ANA カード」においても、本サービスの導入の検討を開始しておりますので、併せてお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-4b4b5f8165d14a38b41e-1.png ]

※三井住友カード(CL)ホームページイメージ

<キャッシュレス決済市場/非接触決済の伸長>
 Visaのタッチ決済などの非接触決済対応カードの普及が進み、日本国内の非接触決済対応カードはVisaブランドだけでも約5,100万枚*(2021年6月末時点)、Visaのタッチ決済の取引件数も直近1年間で約5倍*(2021年6月末時点)に急拡大しております。また、ご利用のお店に設置されている端末も、タッチ決済対応端末の設置が進み、直近2年間で約6.7倍*に拡大(2021年6月末時点)、ご利用いただけるお店も順調に広がっております。*Visa発表による

 三井住友カードでは、2021年2月に「三井住友カード(NL)」の発行を開始しました。従来のクレジットカードと異なり、カード券面からカード情報の表記をなくしたナンバーレス仕様のカードです。これを機に、クレジットカードとアプリの一体的なご利用を “キャッシュレス時代の新しいスタンダード” としてご提案いたしました。店頭でのお買い物ではカード情報の表記をなくしたナンバーレスカードで安心安全に、インターネットによるお買い物ではVpassアプリでカード情報を確認できますので、スムーズにご利用いただけます。

 また、2021年7月には、よりクレジットカードのご利用が多いお客さま向けに「三井住友カードゴールド(NL)」を発行いたしました。従来のゴールドカードならではの付帯サービスに加えて、ご利用額に応じて年会費を永年無料にするなど特典を強化することにより、弊社発行の従来カード対比約10倍以上のお申し込みをいただいております。
 2021年2月の発行開始以来、ナンバーレスシリーズは約68万枚以上のお申し込みをいただきました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-93e77191ffe5310fcdbe-2.png ]


<モバイル決済の状況>
 キャッシュレス決済の普及拡大により、コード決済、プリペイド式決済、クレジットカード決済など、お客さまが、ご利用される決済方法も多種多様化してきました。クレジットカードのご利用についても、スマートフォン経由でのご利用、あるいはコード決済への紐づけなど、クレジットカード現物以外の支払い方法を選択されるお客さまも増加してまいりました。インターネットによるお買い物についても、店頭でのお買い物についても、モバイル決済の浸透率が急激な高まりを見せており、スマートフォンさえあればあらゆる事に対応できる時代になってまいりました。
 Apple Payなどのモバイル決済手段の普及拡大に合わせて、三井住友カードにおいても、大変多くのお客さまにモバイル決済をご利用いただいており、モバイル決済を通じたご利用金額も着実に増加しております。

[画像3: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-feb43ef6731184d024a3-3.png ]


<新たな選択肢=”カードレス”>
 三井住友カードでは、この時代に即した”デジタルファースト”のご利用の流れを汲み、新たなキャッシュレス エクスペリエンスのひとつとして、プラスチックカードの発行を行わないカードレス仕様の「三井住友カード(CL)」をご提供します。 例えば、スマートフォンからお申込後、最短5分でカード番号を発行、すぐにインターネットでお買い物ができるほか、Apple Payといったモバイル決済サービスに登録することで、Visaのタッチ決済などで店頭でのお買い物も即時で可能となります。プラスチックカードの発行がない、最も身軽な新スタイルとなって おります。時代の変化に対応した新サービス“CARDLESS”の世界をお楽しみください。

[画像4: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-dfc54ea1137ce9f60314-4.png ]




三井住友カード (CL)詳細概要


[画像5: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-736ffa84c842aea4db2d-5.png ]


三井住友カード(CL)についてはこちら
https://www.smbc-card.com/nyukai/cardless/index.html

<提携カードへの展開>
 近年の”デジタルファースト”の流れを汲み、多くの企業さまがモバイルを中心としたサービス展開を急速に 進めております。三井住友カードでは、時代の変化に対応した新サービス“CARDLESS”の世界を、提携カードへも順次展開してまいります。

1.モバイルペイメントの大手LINE Payの取り組み
 LINE Pay 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:前田 貴司、以下:LINE Pay)と三井住友カードの2社は、2020年10月30日発表の「三井住友カードとLINE Payによる戦略的業務提携の推進について※1」のとおり、両社では、新しい決済体験・カード文化を創造し、新しい時代に即したキャッシュレス決済の実現を目指しております。

■両社提携のコンセプト
 モバイルペイメントの大手であるLINE Payと、クレジットカードの大手である三井住友カードの組み合わせにより、「LINE Pay」の利用場所を大きく拡大するとともに、シームレスな顧客コミュニケーションとセキュアな決済を融合し、安心・安全かつ使いやすい決済体験をユーザーに提供します。LINE Payはコミュニケーションアプリ「LINE」のユーザー基盤、三井住友カードは国内最大規模の加盟店網を誇り、両社の提携により幅広い ユーザー・加盟店をカバーする新たなキャッシュレス経済圏を構築し、決済だけにとどまらない新たな付加価値の提供を目指してまいります。

■提携カード初の「カードレス」対応、三井住友カード(CL)とのスピーディな連携へ
 本日の三井住友カードの発表に併せて、LINE Pay、三井住友カードで発行する「Visa LINE Payクレジットカード」においても、三井住友カードとの提携カードとしては初めて「カードレス」を開始いたします。
「LINE Pay」お申込み後、カード番号が採番されると同時に、アプリそのものが決済デバイスとなりますので、ユーザーは、お財布だけではなくプラスチックカードの持ち運びも不要となり、今まで以上に便利にご利用いただけるようになります。
 2021年5月10日より、「LINE Pay」のお支払い機能「チャージ&ペイ」の登録可能な対象カードを拡大し、LINEクレカに加えて、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードの登録も可能となっております。お申し込み後、すぐにご利用いただけるサービスが拡大いたしました。時代の変化に対応した新サービス“CARDLESS”を、ぜひ、この際にお申し込みください。
※1  https://www.smbc-card.com/company/news/news0001553.jsp


2.「ANAカード」の取り組みと今後について
■世界の非接触決済動向
 世界におけるVisaのタッチ決済普及状況は、対面決済の3件に2件はタッチ決済が利用されており(2021年2月時点、米国を除く)、近年ますます拡大しております。欧米諸国をはじめ、多くの国と地域の公共交通機関(電車、地下鉄、バス等)で、Visaのタッチ決済が導入されています。お買い物から交通 乗車まで、クレジットカード一枚で便利に、快適に生活を送ることができるような環境が広がってまいりました。

■「ANAカード」取り組み
 ANAは“旅と日常が交差する新しい暮らしを ANAカードで”をテーマに、三井住友カードと「ANAカード」を発行しており、これまでに大変多くのお客さまにご利用いただいております。グローバルに活躍される多くのお客さまを有する「ANAカード」では、キャッシュレス取引を取り巻く“コンタクトレス”の“世界的な潮流”をいち早くキャッチし、お客さまにクレジットカード1枚で世界中いつでも・どこでも、快適な生活を送っていただけるよう、2019年3月より非接触決済搭載カードへの切り替えを開始いたしました※2。
※2 https://www.smbc-card.com/company/news/news0001437.jsp(2019年2月28日発表)

■消費需要の現状と今後
 現在、日常利用をはじめ、出張や旅行を含めた消費需要が一時的に落ち込んでおりますが※3、「新生活様式」においては、お客さまの行動パターンも多様化し、通信販売、持ち帰り注文、宅配などのサービスの充実化により、世代を問わずインターネットでのご利用が増加しております。また、街中においては、ご利用の店舗で非接触決済を中心とした支払い方法などが推奨され、タッチ決済対応端末の普及も進み、モバイルアプリなどを通じたお取引など、これまで以上に“コンタクトレス”を中心とした決済ニーズが高まってきております。

 アフターコロナの世界においては、消費需要が徐々に回復し、非接触決済を中心とした快適な生活環境がさらに広まっていくことが予想されております。これから先、「日常利用」から、出張・旅行などの「非日常利用」まで、スムーズにご利用いただける新たな選択肢として、またグローバルで急速に進む“キャッシュレス化” や”デジタルファースト”の流れを汲み、「ANA」と「三井住友カード」では、時代の変化に対応した新サービス“CARDLESS”の対応を検討することに合意致しました。
※3 https://www.smbc-card.com/company/news/news0001527.jsp(2020年5月7日発表 コロナ影響下の消費行動レポート)

 「ANAカード」は、ANAグループのプラットフォーム事業会社である「ANA X株式会社」(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上 慎一、以下「ANA X」)が企画・設計を行っています。ANA Xでは、航空・旅行という非日常領域に加え、日常領域においても、お客さまのお手元でスマートフォンを使いながら、街中やデジタル市場で「マイルで生活ができる世界」の実現、決済機能の更なる進化と充実化を目指しております。三井住友カードは、ANAグループの取り組みに共感し、キャッシュレス決済分野において、この取り組みをサポートしてまいります。

<三井住友カードのキャッシュレス決済戦略について>
 三井住友カードは、日本におけるキャッシュレスのリーディングカンパニーとして、事業者・利用者双方の「お客さま起点」でキャッシュレスへの課題解決を目指しています。

 事業者起点に関しましては、次世代決済プラットフォーム「stera」※4を構築、店頭・EC双方の決済インフラをパッケージでご提供することで、双方の決済データの統合を実現。また、オールインワン端末「stera terminal」一台でクレジットカード、電子マネー、QRコードなど、さまざまな決済手段の受け入れが可能となる業界最高水準の環境を実現してまいりました。事業者が 抱えるデータ活用やマーケティングの課題の解決として、保有する膨大なキャッシュレスデータを統計化し、取引先さまなどに対するデータ分析支援サービス「Custella」を同年10 月より提供開始※5いたしました。
※4参照: https://www.smbc-card.com/company/news/news0001477.jsp
※5参照: https://www.smbc-card.com/company/news/news0001478.jsp

 一方、利用者起点に関しましても、急速なキャッシュレスの普及に伴いさまざまな決済手段が乱立するなか、実際にキャッシュレスをご利用されるお客さまが、未だかつてなかった「安心・安全」・「便利」・「お得」を実感できる新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスの準備を進めてまいりました。

≪三井住友カードのキャッシュレス決済戦略イメージ≫
[画像6: https://prtimes.jp/i/32321/117/resize/d32321-117-f7a9207e484d7a93ae59-6.png ]


三井住友カードは、今後もお客さまにより安全で利便性の高い決済手段を提供し、更なるキャッシュレス化の推進に努めてまいります。

さらに、三井住友カード(CL)はキャンぺーンが充実!
<キャッシュレスプラン>新規入会&利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント!
カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。
キャッシュレスプランには一定の取引条件がございます。必ず下記詳細ページをご確認ください。
https://www.smbc-card.com/nyukai/campaign/cardinfo7040214.jsp

■三井住友カード(CL)誕生秘話
こちらをご覧ください  https://prtimes.jp/story/detail/ZxWQ39fo25b

※TM and (C) 2021 Apple Inc.All rights reserved.
※Apple、Appleのロゴ、Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
※「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。
※ Google 、 Google Pay は Google LLC の商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング