~次世代を担う子どもたちのために~ ソニービル「東京芝生応援団」贈呈式 第16校目となる小笠原小学校・中学校へ芝生維持管理品を寄贈

PR TIMES / 2012年3月15日 13時37分



~次世代を担う子どもたちのために~
ソニービル「東京芝生応援団」贈呈式
第16校目となる小笠原小学校・中学校へ芝生維持管理品を寄贈
小笠原諸島で新しい芝生と初めての3D体験!


■「東京芝生応援団」 贈呈式
 ソニービルが参加している「東京芝生応援団」は、公立小中学校の校庭の芝生化を推進する活動を行っております。今回、第16校目として、3月3日(土)に小笠原諸島 父島の小笠原村立小笠原小学校・小笠原中学校へ、平成24年10月に全面芝生化される校庭の維持管理に関わる備品として、芝刈り機、除草フォーク、ホームレーキを提供いたしました。

 小笠原村立小笠原小学校 校長 大瀧浩之様のコメント:
「芝生維持管理用品の数々をご支援いただき、感謝申し上げます。 平成24年10月の工事完了に向け、現在急ピッチで進められています。 小笠原の碧い海と青い空・芝生のもゆる緑のコントラストが楽しみです。 校庭全面芝生化の完成を子どもたち・保護者・地域の皆さんは心待ちにしています。」

今後も、ソニービルでは、次世代を担う子どもたちのために、芝生化実施校への支援を続けていく予定です。


■「世界自然遺産・小笠原諸島 in 3D」を小笠原・父島で上映! 
 3月2日(金)、3日(土)に、昨年10月銀座 ソニービルで開催・上映 した「世界自然遺産・小笠原諸島 in 3D」の上映会を行いました。
「小笠原の島民、特に子どもたちに、3D映像で自分たちが暮らす 小笠原の自然を見せてあげたい」という小笠原村 森下一男村長の強い希望から、今回の3D上映会を企画し実施しました。
2日間で「世界自然遺産・小笠原諸島 in 3D」を計16回上映した他、 沖縄美ら海水族館協力による“3D Sony Aquarium”や、“3D旭山動物園”も上映し、400余名の島民の皆さまにお楽しみいただきました。
※3月4日(日)に予定していた母島での上映会は海況不良が予想されたため中止となりました


■自分たちが住む小笠原諸島を3Dで見て
 今回、3D上映会に参加いただいた皆様からは、「普段自分たちの目で見ているより迫力を感じた。」、「東京に行かなくても、3Dを体験できて楽 しかった。」という感想や、「ソニービルにとどまらず色々な場所で上映してもらい、小笠原諸島の魅力をもっと多くの人に知ってほしい。」といったご意見もいただきました。

小笠原村 副村長 石田和彦様のコメント:
「小笠原諸島の美しい自然を多くの方に知ってもらい、みんなで自然を 守ろうという気持ちがより広がっていけば嬉しいです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング