1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査

PR TIMES / 2012年6月8日 11時0分

<夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査>

夏のボーナスの使い道、男性よりも女性の方が自由度が高い
ボーナスでの外食・・・男性は「家族へのご褒美」
女性は「自分へのご褒美」


 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」及び食と旅を軸としたご当地グルメサイト
「ぐるたび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:
久保征一郎)は、多くの企業・自治体で夏のボーナスが支給される6月を前に、
会社員・公務員709人を対象とした、夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査を
実施しました。


【調査概要】
■調査方法: インターネット調査
■調査期間: 2012年5月25日(金)~5月28日(月)
■調査対象: 20歳以上の公務員・会社員
■サンプル数: 709人(男性506人、女性203人)


 この夏のボーナス支給予定を聞いたところ、支給される予定(すでに支給された
人も含む)の人は66.6%と約7割。支給されない予定の人は10.6%でした。(n=709、
単一回答)
 また、「支給される予定(すでに支給された)」の人に、昨夏と比べた今夏の
ボーナス支給額見通しを尋ねたところ、「ほぼ変わらない」が48.7%の約半数で
トップ、減額見込みの人(大幅に減りそう+減りそう)は38.8%と約4割、増加
見込みの人(大幅に増えそう+増えそう)は10.4%(n=472、単一回答)でした。


■夏のボーナス全額自由に使える人、女性では4割、男性では2割以下


Q1.今夏のボーナスのうち、ご自身が自由に使える金額は支給額全体の
何割くらいですか?

※n=472(男性355人、女性117人)、選択形式、単一回答、上位3位のみ表記

<男性>
位   項目   %
1  10%未満   25.6
2  全額     18.0
3  10~30%未満 17.7

<女性>
位   項目    %
1  全額      39.3
2  30~50%未満  12.8
3  まだわからない 11.1

 男女別にみると、「全額自由に使える」人は女性では約4割もいたのに対し、
男性では18%と2割を切っていました。男性の1位は「10%未満」(25.6%)でした。
既婚男性は、家計は奥さんに任せているという人も少なくないことが影響している
のかもしれませんが、女性の方がボーナス用途の自由が利くようです。


■夏のボーナスで、男性は“家族へのご褒美、感謝・労いのために外食” したい
 けれど女性は“自分へのご褒美外食” を楽しみたい


Q2.今夏のボーナスでどのような外食を楽しみたいですか?
※n=472(男性355人、女性117人)、選択形式、複数回答、上位5位のみ表記

 ボーナスの使い道ランキングで上位にランクインすることもある外食ですが、
今回の調査で、「夏のボーナスで外食したくない」と答えたのは男性30.4%、
女性は15.4%でした。女性では約8割もの人が今夏のボーナスで外食を楽しみたいと
考えており、男性よりもボーナスの使い道として、外食への意欲が高いことが
うかがえます。

<男性>

位      項目             %
1 家族へのご褒美、感謝・労い       39.2
2 夏のボーナスでいずれの外食もしたくない 29.9
3 自分へのご褒美             29.0
4 旅行先で贅沢に楽しむ          17.7
5 恋人・夫婦で贅沢に楽しむ        12.4

<女性>
位     項目        %
1 自分へのご褒美       51.3
2 家族へのご褒美、感謝・労い 29.9
3 旅行先で贅沢に楽しむ    24.8
4 両親へのご褒美、感謝・労い 23.9
5 友人・知人と贅沢に楽しむ  21.4

 男性の1位は「家族へのご褒美、感謝・労い」外食が1位だったのに対し、
女性の1位は約半数もの人が答えた「自分へのご褒美」外食でした。
 女性は家族との外食よりも、自分だけのご褒美外食を望んでいるようです。
共働きの男性は、参考にされてみてはいかがでしょうか?


■女性は「普段の外食予算」も「ボーナス外食予算」も、男性より高め


Q3.【Q2】で今夏のボーナスでなんらかの形で外食を楽しみたいと答えた方に
お尋ねします。今夏ボーナスで楽しみたい、「最も大切な外食」の1人あたりの
予算はいくらですか?

※n=346(男性247人、女性99人)、加重平均方式で平均値を算出

 全体平均は6,561円でした。一方で、男女で比べてみると、男性は6,505円、
女性6,697円と、若干ではありますが、女性の方が予算が高い結果となりました。


Q4.【Q3】でお答えいただいた予算と「普段の外食」の予算の差額は?

※n=346(男性247人、女性99人)、加重平均方式で平均値を算出

 全体では、ボーナス外食予算は普段の外食予算よりも2,206円高いという結果に
なりました。やはり、まとまったお金が支給されるボーナスでの外食は、普段よりも
奮発して豪勢に楽しみたいという思いがあるようです。
 男女別では、男性はボーナス外食の方が2,229円高く、女性はボーナス外食の方が
2,148円高いという結果でした。
 【Q3】の結果も合わせると、女性は普段の外食予算とボーナス外食予算の差額が
男性に比べて小さいものの、ボーナス外食の予算も普段の外食予算も男性より高い
ことがうかがえます。


■夏のボーナスで行く旅行では、やっぱり地元ならではのものを食べたい


Q5.今夏のボーナスで旅行(日帰り旅行を含む)を楽しむ予定はありますか?

※n=472、単一回答

 「いずれの予定もない」が55.3%、「国内旅行の予定がある(帰省等を含む)」が
37.5%、「海外旅行の予定がある」は9.7%でした。


Q6.【Q5】で今夏のボーナスで「旅行の予定がある」と答えた方にお尋ねします。
旅先ではどのような料理・飲み物を楽しみたいですか?

 1位は「郷土料理・名物料理」(69.7%)、2位は「その土地の食材や名産品を使った
料理」(62.1%)という結果でした。3位「とれたての新鮮な食材を使った料理」、
4位「旬の食材を使った料理」と続きますが、“とれたて”、“旬”な食材よりも、
やはりその土地に行ったからこそ味わえるご当地料理・食材の方が人気が高いようです。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング