【プレスリリース】シリア危機 ユニセフ、過去最大約860億円の人道支援を要請

PR TIMES / 2013年12月18日 15時5分

ユニセフは、2014年、シリアへの緊急人道支援として8億3,500万米ドル
(約860億円※1米ドル=103円で換算、以下同)の支援を国際社会に要請しました。



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)は、http://childrenofsyria.info/ “NEWS” にて
ご覧いただけます


【2013年12月17日 アンマン発】

ユニセフは、2014年、シリアへの緊急人道支援として8億3,500万米ドル
(約860億円※1米ドル=103円で換算、以下同)の支援を国際社会に要請しました。

2013年の要請支援額に対し77%増となっており、67年のユニセフの歴史の中で
最大規模の支援要請となります。本支援要請は、16日にスイス・ジュネーブで発表
された国連全体のシリア危機への支援要請の一部にあたります。

2014年に国連がシリアと周辺5カ国(レバノン、ヨルダン、トルコ、イラク、
エジプト)で行う第6次地域対応計画(原題:The Regional Response Plan 6 (RRP6))
ならびにシリア人道支援対応計画(原題:Syrian Humanitarian Assistance Response
Plan (SHARP))は、総額65億米ドル(約6,695億円)になります。

シリアでの紛争と暴力、市民の避難と経済の低下は、2014年も続くとみられています。
ユニセフは、現在、シリア国内で400万人以上の子どもたちが、国外に逃れ難民と
なった110万人の子どもたちが支援を必要としているとみています。

ユニセフ事務局次長のヨーカ・ブラントは、ジュネーブでの記者会見で次のように
述べました。

「シリア、中央アフリカ、フィリピンの3か国で大きな危機が起きており、1,400万人
以上の子どもたちが巻き込まれています。シリアの子どもたちは、この数字の
3分の1以上を占め、その多くは今、過酷な冬の寒さに直面しています。2014年の
世界の人道支援は、子どもを中心に据えて取り組まなければなりません。シリアや
周辺国でのポリオの発生を食い止め、子どもたちが学び続けられるように
しなければならないのです」


今回の支援要請に基づき、ユニセフは2014年、シリア危機に対し主に以下の活動を
行う予定です。

・ポリオなどの感染症予防のために、最低でも2,500万人以上の子どもたちに
予防接種を実施
・約450万人の子どもたちが再び学べるようにする
・シリアの人たち1,100万人に安全な水を供給
・トラウマを負った子どもたちなどへの支援を通じて、200万人以上の子どもたち
を保護

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング