『AirCourse MBAシリーズ』アカウンティングに計9コースを拡充!「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」

PR TIMES / 2021年2月25日 17時15分

~ビジネスシーンで必要な財務諸表を基礎知識から学習できる~

企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」を提供するKIYOラーニング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)は、『AirCourse MBAシリーズ』のアカウンティングより、「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「財務三表のまとめ」計9コースを開発し、AirCourseの標準コースで提供を開始いたしました。 AirCourseコンテンツプラスプランでは、標準コース全172コースが受け放題となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-836432-0.png ]

『AirCourse MBAシリーズ』とは、経営に関する知識や事例を基礎から学べるシリーズで、若手社員から管理職の方々まで幅広い層にご活用いただいけるものとなっております。多くの企業様からのご要望にお応えする待望の新シリーズとなります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-629136-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-985035-2.png ]




007 損益計算書1.全体
008 損益計算書2.売上と売上原価
009 損益計算書3.販売費・一般管理費
010 損益計算書4.営業外損益・特別損益
011 キャッシュフロー計算書1.全体
012 キャッシュフロー計算書2.営業CF
013 キャッシュフロー計算書3.投資CF・財務CF
014 キャッシュフロー計算書4.定型パターン
015 財務三表の関係性


[画像4: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-566210-5.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-889151-1.png ]


講師 水野 靖彦(アカウンティング担当)
株式会社プレアス 代表取締役
◆慶應義塾大学商学部卒 グロービス経営大学院経営研究科修了(経営学修士専門職)


◆東証一部の電機メーカー財務経理部門およびアパレル企業のブランド経理責任者を担当後、ブライダル企業(東証一部)において財務経理や経営企画、IR責任者を担当。
◆2015年より複数の事業会社において、CFO(最高財務責任者)として、ファンド案件対応・資金調達・上場準備・M&A等に関わり、中小企業の管理部門を一から立ち上げる経験を持つ。
◆2019年8月 株式会社プレアスを設立。中小・ベンチャー企業における「社外パートナーCFO」として、経営支援事業を開始。
これまで月次経営管理・原価計算制度導入から起業支援・資金調達・IPO準備支援・M&Aアドバイザリー等、幅広い支援実績がある。

[画像6: https://prtimes.jp/i/25499/118/resize/d25499-118-295790-6.jpg ]

■社員教育クラウドサービス AirCourse
「AirCourse」( https://aircourse.com)は、企業向け社員教育eラーニングサービスです。社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース150コース以上が受け放題となっているほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できます。初期費用0円でローコストで運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応しています。eラーニングだけでなく、集合研修の管理や受講状況・成績レポートなどの管理機能が充実しているため、社員教育を効率化したい企業に最適です。

【KIYOラーニング株式会社とは】
KIYOラーニングは2008年10月より「学びを革新し、だれもが持っている無限の能力を引き出す」というミッションのもと、すきま時間を活用し資格取得を目指せる音声講座として「通勤講座(現:スタディング) 」をスタートしました。2010年に法人「KIYOラーニング株式会社」を設立し、スマホで効率的に学べる学習システムを開発、動画コンテンツを充実させ、資格ラインナップの拡充、品質の向上を図ってきました。さらに、2017年には、法人向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」も展開するなど社会人や企業教育を革新するプラットフォーマーとしてサービス展開を推進しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング