米国とアジアのハイイールド債券に投資する4 ファンド取り扱い開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年7月27日 16時2分

 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:石井 茂/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、7月27日(金)より、新たに
ハイイールド債券に投資する4ファンドを取り扱い投資信託に加え、販売を開始しますのでお知らせいたします。
 
 今回取り扱いを開始するファンドは、信用力は低い一方で高い利回りが期待できる米国およびアジアのハイイールド債券を投資対象
とした毎月分配型ファンドです。為替リスクを機動的に回避したいという投資ニーズに対応するため、スイッチングが可能な為替ヘッジ
ありとなしの2コースをご用意いたしました。もちろん、スイッチングは手数料無料でご利用になれます。
 
 ソニー銀行は、お客さまの多様な資産運用ニーズにお応えするため、引き続き投資信託の商品ラインアップを強化してまいります。


■取り扱いを開始する4ファンドの概要( ソニー銀行の取り扱いファンド数合計:30社91本)
============================================================================================================================================
◇ みずほUS ハイイールドオープンA コース(為替ヘッジあり)

◇ みずほUS ハイイールドオープンB コース(為替ヘッジなし)

米ドル建てのハイイールド債券を主要な投資対象とします。綿密な調査に基づく銘柄選択と適度な銘柄分散により信用リスクなどを
コントロールしつつ、高い利回りの享受を目指す毎月分配型ファンドです。

A コース(為替ヘッジあり)とB コース(為替ヘッジなし)の間で、スイッチング(手数料無料での乗り換え)が可能です。

運用会社:みずほ投信投資顧問株式会社
============================================================================================================================================
◇ アジア・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)円ヘッジコース

◇ アジア・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなしコース

主として日本を除くアジア企業が発行する米ドル建てのハイイールド債券に投資することで、インカムゲインの確保と信託財産の
成長を目指して運用する毎月分配型ファンドです。

円ヘッジコースと為替ヘッジなしコースの間で、スイッチング(手数料無料での乗り換え)が可能です。

運用会社:損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社
============================================================================================================================================

※各ファンドの詳細はサービスサイトをご覧ください。

 ソニー銀行のサイト企業 サービスサイト
 http://moneykit.net/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング