FRONTIER、新世代GPU「NVIDIA GeForce GTX660Ti」搭載ミドルタワーを新発売

PR TIMES / 2012年9月19日 15時3分



~ Kepler世代のミドルクラスGPU ~

株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、デスクトップパソコン向けKepler世代初のミドルクラスGPUとなる「NVIDIA GeForce GTX 660Ti」を標準搭載したハイパフォーマンスモデル2機種の販売を開始いたします。


■製品の概要

このたび発表する新製品は、標準で4画面出力(DVI-I/DVI-D/HDMI/DisplayPort×各1)に対応したKepler世代初のミドルクラス型GPU「NVIDIA(R) GeForce GTX 660Tiを標準搭載したミドルタワーです。
インテル(R)X79マザーボードをベースにCore i7-3820(3.60GHz/10MB)を搭載したモデル、インテル(R)Z77マザーボードをベースにインテル最新CPUである第3世代Core i7-3770(3.40GHz/8MB)を搭載したモデルの2機種をラインナップしています。用途や予算に応じた各種カスタマイズにも対応し、お好みの1台として長くご愛用いただける製品に仕上がっています。


■製品の特長

「パワーと性能を秘めた次世代グラフィックス」
「NVIDIA(R) GeForce GTX 660 Ti」は、最先端のGPUアーキテクチャであるKepler世代のミドルクラスグラフィックです。DirectX 11に対して最適化されているKeplerは高い性能を保ちながら省電力性に長けています。TDPが150Wと消費電力が大幅にダウンし、ミドルクラスながらフルHD(1920×1080)程度の解像度では上位モデルに迫る高い性能を発揮します。また、複数モニタを利用する方にはうれしい、DVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortの各ポートに対応し、最大4画面への同時出力が可能です。

「秀逸パーツ構成で快適」
次世代GPUはもちろん、インテル(R)X79マザーボードやインテル(R)Z77マザーボードといった最新プラットフォームをベースに最高クラスのCPUや大容量メモリを標準搭載したことで、負荷の大きい画像編集やゲーム操作も快適に動作します。また、各パーツを最新パーツで構成していますので、長期にわたり安心してご愛用いただける製品に仕上がっています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-k.co.jp/)をはじめ、全国通信販売窓口(TEL 0570-00-5530)にて販売を開始しています。

▼FRGZ715V/Dはこちら
http://www.frontier-k.co.jp/direct/g/g87033/?adid=ml&pr=all&md=press&mn=g157

▼FRGA815V/Dはこちら
http://www.frontier-k.co.jp/direct/g/g87032/?adid=ml&pr=all&md=press&mn=g158



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング