『普通教室』でのICT活用を支援するタブレット対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class 2014」新発売

PR TIMES / 2014年6月23日 15時43分

ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、普通教室でのICT活用を支援するタブレット対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class 2014」(スカイメニュークラス2014)を開発、このたび販売を開始いたしました。




<「SKYMENU Class 2014」の概要・特長>

■『普通教室』でのICT活用を支援
タブレットと無線LAN環境での授業のために――
各地域で、教員用 / 児童・生徒用端末(タブレット)を活用した実践への取り組みが始まっています。当社は、各地での先行事例における無線LANのトラブルなどの経験から、これからの教室に求められる、ICT活用授業を支援するソフトウェアを目指しました。
「教育の情報化ビジョン」が示す、一斉学習、個別学習、協働学習を実現するために、「SKYMENU Class 2014」は、新しい『学び』をサポートします。

■「かんたん」で「使いやすい」操作画面
「SKYMENU Class 2014」は、授業での使いやすさを考えた画面デザインで、操作性を追求しました。機能ボタンを集約したツールバーをご用意し、初めてお使いいただく先生方にも迷わず操作いただけるよう、大きくわかりやすいアイコンを配置しています。

○操作状態がひと目でわかります
タッチ操作しやすい大きいボタンは、選択すると色が変わるので使用している機能がひと目でわかります。

○少ないステップで操作できます
メニュー階層を減らし、少ない手順で操作できるようメニュー構成を工夫しています。

○ボタン配置に配慮したペンツール
先生方のご意見をもとに、ツールバーに表示するボタンの数や配列に配慮しました。

■無線LAN環境でより安定してご活用いただくための工夫

タブレット端末を普通教室でご使用する際に多い無線LAN環境について、当社のさまざまな経験から、より安定してご活用いただくための工夫を取り入れています。

○無線LAN通信状態の確認
画面一覧で学習者機の無線LAN通信状態を表示します。

○通信量・負荷の低減
画面転送時の通信量(フレームレート)を抑える設定などが行えます。

○授業の進行を妨げない配慮
通信が瞬断された場合や教材の配付・回収が失敗したときにも、授業の進行を妨げない工夫をしています。

■『コンピュータ教室』の授業や運用を支援する「SKYMENU Pro」との連携

「SKYMENU Class」は、当社のICT活用教育支援ソフトウェア「SKYMENU Pro」と併せてご利用いただけます。同じ校内サーバで運用でき、ユーザ管理などを一元化できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング