1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

全国・道の駅のインバウンド対応のサポート開始!「観光庁:道の駅インバウンド対応拠点化整備事業」を活用!

PR TIMES / 2021年4月6日 14時45分

ニューノーマルな旅を創造するエスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、 以下当社)は、観光庁が進める「道の駅インバウンド対応拠点化整備事業」などを活用した全国の道の駅におけるインバウンド対応のサポートを開始しました。当社の国内外向けニュースメディアや、国内在住外国人ネットワークを活用し、全国の道の駅での多言語対応に関するコンテンツ開発・展開をお手伝いします。
観光庁URL:  https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics08_000176.html



道の駅における多言語コンテンツの開発・展開当社は、訪日外国人旅行者の受け入れをおこなう全国の道の駅の多言語コンテンツの開発・展開をサポートします。
<サポート例>
1. デジタルサイネージで発信する動画コンテンツの制作
2. スマホを活用した多言語音声案内の制作
3. ポスター・パンフレットなど多言語ツールの制作
4. 制作したコンテンツ・ツールの配信や拡散
5. コンテンツ・ツール制作における外国人による取材・編集・制作

[画像: https://prtimes.jp/i/17401/121/resize/d17401-121-182623-0.jpg ]



道の駅インバウンド対応拠点化整備事業

訪日外国人旅行者の来訪が特に多い(その見込みがある)、又は地域、民間事業者との連携等により訪日外国人旅行者の誘客に高い効果が見込まれる意欲的な取組が行われている(その予定がある)道の駅において、レンタカーを利用する訪日外国人旅行者のニーズが特に高い取組等を一体的に進める事業に要する経費の一部を補助するものです。
多言語対応(外国人観光案内所(日本政府観光局により認定されている又は認定の見込みが あるものに限る。)が整備されている。)及びキャッシュレス決済環境の両整備項目を実施(実施済の整備項目がある場合は、当該整備項目以外の全てを実施)することが必要となります。

観光庁URL:  https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics08_000176.html
観光庁URL:  https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001394974.pdf

観光庁:道の駅インバウンド対応拠点化整備事業は、訪日外国人を含む旅行者のために、無料Wi-Fi環境整備、多言語対応・キャッシュレス決済対応、公衆トイレの洋式便器の整備など、観光地における旅行環境の整備の取組を集中的に支援しています

〇応募受付期間:令和3年3月26日(金)~7月30日(金)17時必着
〇整備計画作成主体:「道の駅」を設置し、又は管理する者
〇補助対象事業者:地方公共団体、民間事業者及び協議会等
〇補助率:補助対象経費の2分の1以内

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング