日本アルテラ、産業用イーサネット向け新ソリューションを拡充

PR TIMES / 2014年11月13日 14時17分

・JSLテクノロジー社との業務提携により、デザイン・サービス拡充。業界で初めて、産業用 EtherCAT向けに、設計から実装までの包括的ソリューションを提供

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)の日本法人、日本アルテラ株式会社 (東京都新宿区 代表取締役社長:ハンス・チュアン 以下、アルテラ)本日、産業用EtherCAT(イーサキャット)向けソリューションの拡充を発表いたします。従来、EtherCATはIPコア群「Access IP」としてサポートしてまいりましたが、このほど新たに設計開発パートナーにJSLテクノロジー社を迎えたことにより、「Access IP」でのIPコアの提供だけでなく、FPGAベースのEtherCATの設計から実装までを包括的にサポートするソリューションを、業界で初めて、ワンストップで提供できるようになりました。

産業機器向けEtherCATの採用は、影響力ある大手企業によるEtherCATの全面採用が相次いでいることを背景に、急速に拡大しています。アルテラとJSLテクノロジー社が提供するソリューションを利用することで、FPGAの柔軟性と長期供給という利点を、大きな負荷なく活用できるようになり、お客様自身の設計に集中できるようになります。当ソリューションのデモは、「ET2014/組込み総合技術展」(パシフィコ横浜、会期:11月19日~21日)のアルテラ・ブース(ブース番号:A-28)にてご覧いただけます。

JSLテクノロジー株式会社は、産業用EtherCAT向けソリューションの開発、設計サポートにおいて、優れた実績を有しています。同社が提供するデザイン・サービス、Cyclone(R) V SoC向けEtherCATスレーブ用のSDK、Cyclone V SoC向けドライバ・パッケージを含む各種ソリューションを活用することで、信頼性かつ正確性の高い動作実装を確実に導入できるようになります。同社のEtherCATスレーブ用のSDKは、OS非依存(Non-OSにも対応)を特徴とし、容易に且つ簡単に実装できるといった利点をユーザーに提供するものです。このSDKでは、ブートローダーやFPGAに実装されるESC-IPとのインターフェース、すぐに使用できる各種ペリフェラル・ドライバ、スレーブスタックが簡単に実装できる環境などが提供されています。このようにARM側のソフトウェア開発に必要なソフトウェアや環境、日本語マニュアルも準備されているため、非常に簡単にEtherCATスレーブ製品の開発が可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング