「ラム肉を食べてダイエット 注目成分の「L-カルニチン」」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2012年1月26日 11時43分



ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「ラム肉を食べてやせる?!注目成分の「L-カルニチン」」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000281.html

ジンギスカンのお店が続々オープンしだした何年か前、ラムやマトン(羊肉)がヘルシーということで脚光を浴びたのは記憶に新しいですよね。そのヘルシーとされる注目成分は、「L-カルニチン」です。

脂質をエネルギーに変換する時に必要な成分であることから「脂肪の燃焼を助ける」とダイエット効果が期待され、テレビで紹介されたり健康食品などにも使われるようになりました。 

L-カルニチンは人間の体の中で合成されるアミノ酸の一種で、体内の約60兆個の細胞それぞれ全てに存在すると言われています。細胞内に蓄えられた脂肪酸をエネルギーを作り出すミトコンドリアに運ぶ役割を担っていますが、20代前半をピークに加齢に伴い体内のL-カルニチンは減少していきます。

L-カルニチンが不足すると脂肪酸は脂肪組織に再合成され、そのまま蓄積します


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「ラム肉を食べてダイエット 注目成分の「L-カルニチン」」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000281.html


■microdiet.netでは、栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。
また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。
個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来270万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・スープ・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全20種類ラインナップをご用意しています。

発売から23年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング