15卒学生モニター調査/就活戦線の見方は就活開始前に引き続き“楽観”

PR TIMES / 2014年1月18日 10時17分

ブラック企業でも「場合によっては受ける」が3割を超える

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2015年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、就職活動状況に関する調査を行いました(調査時期:2014年1月1日~7日、回答数:1,650人)。



1.就活開始前に引き続き「楽になる」との見方が6割強
昨年11月に実施した第1回調査に引き続き、就職戦線の見方(自分たちの就職戦線が1学年上の先輩たちに比べてどのようになると見ているのか)を尋ねたところ、「非常に厳しい」「やや厳しい」の合計、つまり、より厳しくなると見ている人は39.1%と4割弱でした。前年同期調査では66.2%と6割と超えていたので、厳しいとの見方は急激に緩和されています。逆に、「やや楽」が33.4%から60.1%へと2倍近くに増え、慎重派と楽観派の割合がほぼ逆転しました。(別紙図表1参照)

2.エントリー社数は一人あたり平均48.0社。エントリーシートを提出した学生は一人あたり平均3.5社
一人あたりのエントリー社数の平均は48.0社で(前年同期49.5社)でした。セミナー・会社説明会の平均参加社数は25.4社で、企業単独開催、合同開催への参加がやや減ったものの、学内開催への参加が増え、学内開催セミナーへの一人あたりの来場社数の平均は9.2社(前年同期8.5社)でした。企業にエントリーシートを提出した学生の平均は3.5社で、前年の4.3社を0.8社下回っています。(別紙図表2-1.2.参照)

3.就職先企業を選ぶ際に労働条件を重視する傾向が増加
就職先企業を選ぶ際に重視する点を5つまで選んでもらったところ、最も多いのが「将来性がある」で39.4%(前年同期41.8%)と約4割。次いで「仕事内容が魅力的」34.8%(前年同期37.8%)が続きました。上位項目は前年と順位の変動はありませんが、軒並みポイントが減少しています。逆にポイントが上がったのは、「給与・待遇が良い」「休日・休暇が多い」「希望の勤務地で働ける」といった労働条件に関連する項目で、安心して働ける環境をより求める傾向がうかがえます。景気の上向き感などから来る志向の変化と見てとれます。(別紙図表3参照)

4.ブラック企業でも「場合によっては受ける」が3割超
どんな企業をブラック企業と思うかを尋ねてみました。あてはまるものをいくつでも選んでもらったところ、「残業代が支払われない」が75.0%で最も多く、「労働条件が過酷である」65.0%、「離職率が高い」58.0%などと続きます。また、最も嫌だと思うことを1つだけ挙げてもらうと、「残業代が支払われない」(20.6%)、「成果を出さないと精神的に追い込まれる」(15.3%)、「労働条件が過酷である」(14.8%)がトップ3となりました。
自分が「ブラック企業」だと思う企業の就職試験を受けるかどうか尋ねたところ、「他の企業と同じように受ける」との回答は5.3%で、「場合によっては受ける」は32.2%と3人に1人の割合でした。ブラック企業でも「受ける」と回答した人の理由として多いのは、「どこにも就職できないよりはまし」や「面接の練習になる」といった意見でした。(別紙図表4参照)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング