表紙を飾る高垣麗子の初告白も! 40代からの新ビューティ誌『美的 GRAND(グラン)』 9月12日(水)発売!!

PR TIMES / 2018年9月12日 10時1分

No.1美容誌『美的』のお姉さん版  40代からの新ビューティ誌、誕生!



[画像1: https://prtimes.jp/i/13640/123/resize/d13640-123-391526-0.jpg ]

《トキメキを忘れない!40代からの「ネオ・エイジング」マガジン》

 こんなキャッチフレーズで小学館から発売される『美的GRAND(グラン)』は、40代からのまったく新しいビューティ誌として、9月12日についに誕生!

 化粧品の国内市場は約2兆6000億円と6年連続右肩上がりの勢い。そんな美容ブームを背景に発売されるのが『美的GRAND』。9年連続実売No.1美容誌『美的』(小学館刊)を始め、美容誌といえば20代30代向けのものが主流であったが、40代からの女性をターゲットに「若返り」ではなく「年齢を否定しない、楽しむエイジングケア」を提唱していく美容誌は画期的。そのミューズとして表紙を飾ったのが、モデルの高垣麗子さんだ。高垣さんは「思いきり笑うのが好き!目尻のシワも魅力に変えて、これからも笑顔を大切にしたい」と。


 1歳の娘の母として人生を歩む高垣さんは『美的GRAND』のインタビューで「人生には、落ち込んで眠れなくなることもたくさんあります。でも私って単純な所があって、日常のちょっとしたこと—-例えば大好きなコーヒーを飲むとかおいしいランチを食べるとか、自分が小さな幸せでも気持ちが上がって笑顔になれるって知っているので、つらいときは特にこの幸せになる時間をなるべく増やします。現実に起きてしまったことは変えられないから、それなら、常に前向きでいたいと思っています」と語る。


 
[画像2: https://prtimes.jp/i/13640/123/resize/d13640-123-722693-2.jpg ]

『美的GRAND』は、号ごとにテーマを設定。1号目のテーマは「目元comeback」。40代からでも目元が生き生きと輝く目元ケア&アイメイクを伝授。付録も魅力的で、人気ヘア&メイクアップアーティスト・河北裕介さんが考案した、装着するだけで腫れまぶた、くすみ、くまが解消する「“温冷”2wayゴーグル」が付く。天野佳代子編集長は、『美的』創刊から17年間エディトリアルディレクターとして活躍、深い美容知識と広いコスメ情報を元に、彼女の目ですべてのページのコスメを厳選、「世代にあった美容を楽しみながら、今を勝負できる美しさを提案していきます」と話す。


[画像3: https://prtimes.jp/i/13640/123/resize/d13640-123-536246-1.jpg ]

『美的GRAND』
2018年9月12日(水)発売
付録とセットで900円(税込)
年4回刊行予定
小学館・刊


美的公式サイト 美的.com
https://www.biteki.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング