1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Oracle Cloud Infrastructureの追加サービスがISMAPに登録完了

PR TIMES / 2021年9月17日 17時15分

「OCI」上で提供されるPaaSや「Oracle Exadata Cloud@Customer」が、政府の求めるセキュリティ要求を満たすクラウド・サービスとして認証

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(Information system Security Management and Assessment Program:ISMAP)」に登録された「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」に加え、「OCI」上で提供されるPlatform as a Service(PaaS)各種サービスおよび「Oracle Exadata Cloud@Customer」が新規に登録を完了したことを発表します。



[画像: https://prtimes.jp/i/57729/123/resize/d57729-123-c373fd15ccc71da93cbb-0.png ]



Oracle Cloud Infrastructureの追加サービスがISMAPに登録完了
「OCI」上で提供されるPaaSや「Oracle Exadata Cloud@Customer」が、政府の求めるセキュリティ要求を満たすクラウド・サービスとして認証

2021年9月17日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(Information system Security Management and Assessment Program:ISMAP)」に登録された「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」に加え、「OCI」上で提供されるPlatform as a Service(PaaS)各種サービスおよび「Oracle Exadata Cloud@Customer」が新規に登録を完了したことを発表します。ISMAP登録の「OCI」サービスが拡充されることで、革新的な行政サービスに不可欠なクラウド環境の構築に向けさらなる選択肢を提供します。ISMAP登録の「OCI」サービスはこちら( https://www.ismap.go.jp/csm?id=cloud_service_list)でご覧いただけます。

ISMAPは、日本の政府機関等が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウド・サービスを予め評価・登録することにより、政府のクラウド・サービス調達におけるセキュリティ水準の確保と同時に、クラウド・サービスの円滑な導入を目的とした制度です。

「OCI」は、グローバルに提供されるセキュアなプラットフォームであらゆるクラウドのワークロードを実行でき、高い安全性・可用性・拡張性でミッション・クリティカルな基幹システムの厳しい要件に応える次世代クラウド・インフラストラクチャです。「OCI」上で提供されるPaaSは、パブリック、プライベート、ハイブリッド・クラウドにおいて、アプリケーションを構築、実行するための様々なプラットフォームを提供し、分析ツール、システム管理、ログ管理、クラウド・セキュリティなどのサービスが含まれます。「Oracle Exadata Cloud@Customer」は、「Oracle Database」に最適化された「Oracle Exadata Database Machine」 を、お客様が管理するデータセンターに設置して専有利用しながらサービスの契約形態で利用できるクラウド・サービスです。

これらのクラウド・サービスは、独立した認定組織による厳格なテストの他に、ISO認証*、SOC監査**、PCI DSSのようなグローバル・コンプライアンス対応、FISC安全対策基準、3省ガイドライン、政府統一基準といった日本固有のコンプライアンス対応など、各国の政府機関による認定や外部機関による監査も行われており、そのセキュリティの高さが広く認められています。
* ISO/IEC 27001, ISO/IEC 27017, ISO/IEC 27018 等
** 米国公認会計士協会が規定するシステムと組織の内部統制基準(System and Organization Controls)

今回の登録により、「OCI」および「OCI」上で提供されるPaaS、「Oracle Exadata Cloud@Customer」が、政府が定める厳正な審査基準を満たしたクラウド・サービスとして、企業・団体のお客様にも安全性を示し、より高い信頼を寄せていただけます。

日本オラクル株式会社 取締役 執行役 社長 三澤 智光は、次のように述べています。
「オラクルは40年以上にわたり、世界中の公共部門の組織がデータを安全に管理し、業務上の課題解決を支援しています。ISMAP登録の『OCI』サービスの拡充、『Oracle Exadata Cloud@Customer』により、日本の政府機関・自治体が、既存のオンプレミス資産を活かしながらクラウドへ移行できる真のハイブリッド・クラウド環境の構築を支援します。これにより、デジタル・トランスフォーメーションとイノベーションを加速させ、国民へのサービス向上を図ることができます。」

日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
* Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング