住宅購入検討者は住宅建築で「間取り」より「省エネ性能」を優先 -住宅購入検討者の意識調査-  

PR TIMES / 2014年2月6日 15時9分

アトリエ建築家と作る高性能デザイナーズ住宅“R+house”ネットワーク



アトリエ建築家と作る高性能デザイナーズ住宅“R+house”ネットワーク
住宅購入検討者は住宅建築で「間取り」より「省エネ性能」を優先
住宅購入検討者の意識調査

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区白金台 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、アトリエ建築家とつくる高性能デザイナーズ注文住宅「R+house(アール・プラス・ハウス)」を展開しております。2014年1月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)の計4日間に、延べ全国50か所でR+house加盟店と共に「後悔しない住宅購入のための基礎知識講座~賢い家づくり勉強会~」を一斉に開催し、参加されたお客様を対象に意識調査を実施、254名から回答を得ました。

1)住宅購入検討者における住宅建築の際の優先事項トップ3は「省エネ性能」
2)現在の住宅購入検討者にとって、マイホーム取得と消費増税は関係がある、6割強

------------------------------------
1)住宅購入検討者における住宅建築の際の優先事項トップ3は「省エネ性能」
------------------------------------
家を建てる際の優先事項は、「省エネ性能」が378点(※1)で最も高く、次いで「価格」(276点)、「耐久性」(159点)という結果となりました。「間取り」(89点)は優先事項としては5番目、「設備」(28点)は8番目と、比較的優先順位は低く、「省エネ性能」が住宅購入における必須項目と言えそうです。
本結果は、消費増税を控え、家計への負担増加が懸念されるなか、省エネ性能を備えることで、上昇傾向にある電気代を抑えたいといった思いもあるのではないかと考えられます。「価格」も重要な項目にはなっていますが、エンドユーザーは見た目の価格だけでなく、住宅を購入しローンを支払い、光熱費なども含めたトータルでの住宅価格で購入を考えるべきである、と消費者が考え始めている結果とも言えそうです。
また、2020年に省エネ義務化がスタートすると言われている住宅業界にとって、住宅の高性能化は必須テーマと言われておりますが、その取り組みが消費者からも求められているようです。

■質問:「今後賢く家を建てるために必要な優先順位の高いものから番号(1~3)をお書きください」
(※1)1位=3点、2位=2点、3位=1点として回答数と掛け合わせて算出
選択肢:「省エネ性能」・「耐震性」・「耐久性」・「デザイン性」・「価格」・「間取り」・「設備」・「ランニングコスト」・「その他」

---------------------------------------
2)現在の住宅購入検討者にとって、マイホーム取得と消費増税は関係がある、6割強
---------------------------------------
マイホーム購入において消費増税が関係するかどうか、との質問では、消費増税の経過措置期限(2013年9月末)を過ぎた状況でも、「関係がある(「大いに関係がある」・「関係がある」の合計)」が61.0%となっており、今後もマイホーム購入は消費増税と関係してくる、と考えている人が多いことが浮き彫りとなりました。
回答者のマイホーム取得状況では、「可能ならできる限り早く取得したい」が4割と最も多いことに加え、2014年4月の増税後には、住宅ローン減税の延長・拡充や、すまい給付金といった軽減措置により、消費増税分が相殺されるケースが多くなると考えられることから、消費税が10%に上がる可能性があることへの懸念が影響した結果と考えられます。

■質問:「マイホーム取得において、消費税増税について、どのようにお考えでしょうか」
■質問:「マイホームを取得することについて、どのようにお考えでしょうか」


R+houseネットワークは日本の住宅の資産価値向上を一つの目標に全国の加盟店と共に住宅供給をしております。2009年9月よりスタートしたR+houseネットワークは、皆様のご支援のお蔭で、発足から4年ほどではありますが、全国160社を超える会社様にご賛同頂き、全国展開を行っております。
このR+houseネットワークでは、アンケート結果にある「省エネ性能」に対応するため、日本の住宅のさらなる高性能化を追求してまいります。現在、「住環境と健康との関係調査」(※2)を全国で行っており、こういった活動を通してブランディング・マーケティング戦略をさらに強化し、2015年に2,000棟/年を目指します。

ハイアスでは、目まぐるしく変わる住宅市場環境を考慮した適宜適切な情報を、エンドユーザーの目線に立ちながら情報提供してまいります。

(※2)「住環境と健康との関係調査」
R+houseを建てるお施主様を対象としたR+houseに転居する前とR+house入居後による健康状態の変化を調べ、より良い健康状態を実現するための調査。2013年10月よりサンプル募集を開始。

*本リリースの調査結果をご利用頂く際は、「ハイアス・アンド・カンパニー調べ」とご明記下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング