1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「楽天Edy」、八丈町でのキャッシュレス決済で30%還元キャンペーンに参加

PR TIMES / 2021年10月1日 14時15分



 楽天Edy株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:和田 圭、以下 楽天Edy)は、東京都八丈町が実施する「キャッシュレス決済ポイント還元事業」に参加することとなりましたのでお知らせします。

[画像: https://prtimes.jp/i/14226/124/resize/d14226-124-da975dca968c233fe233-0.png ]

https://edy.rakuten.co.jp/campaign/2021/1001_hachijo/

 10月1日(金)より八丈町内の「楽天Edy」加盟店にて「楽天Edy」で支払いをすると、支払金額の30%が「Edy」で還元されます。(上限3,000円分。還元事業の予算がなくなり次第終了)
還元事業の詳細についてはこちらをご確認ください。
https://hachijo.info/info/?p=10053

 楽天Edyは、今後もユーザーと加盟店の満足度の向上を目指し、新サービスおよび機能の拡充に努めてまいります。

 
【楽天Edy株式会社について】
楽天Edy株式会社は、楽天グループのプリペイド型電子マネー「楽天Edy」と、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を運営しています。キャッシュレス決済のパイオニア企業として安心・安全な決済サービスを提供しており、現在は全国のスーパーマーケットなどの加盟店開拓だけでなく、キャッシュレススタジアムの運営や全国の自治体と連携したキャッシュレス推進など、新しい取り組みにも注力しています。2001年に「Edy」としてサービスを開始(※)、2010年には楽天グループの傘下に加わりました。2012年に「楽天Edy」となり、2021年11月にはサービス開始20周年を迎えます。今後も、楽天グループの各種サービスと連携しながら、電子マネーの利用者および加盟店の皆様のさらなる利便性および満足度向上を目指し、より良いサービスを提供してまいります。
※2001年当時の運営会社の商号は、ビットワレット株式会社。2012年にサービス名称変更と同時に楽天Edy株式会社に変更。詳細は、サービス開始20周年記念の特集ページ( https://edy.rakuten.co.jp/info/edy20th/)をご参照ください。

【楽天Edyについて】 https://edy.rakuten.co.jp/
「楽天Edy」は、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、飲食店、自動販売機、タクシー、ガソリンスタンドなど全国88万カ所以上(2021年9月1日時点)で利用できる、楽天グループのプリペイド型電子マネーで、2021年11月にサービス開始20周年を迎えます。「楽天Edy」には、カードやアプリ(※)、キーホルダーをはじめとしたEdy機能搭載型グッズなどがあり、事前に現金やクレジットカードなどでチャージ(入金)をしてお支払いにご利用いただけます。事前に設定をすると「楽天ポイント」などを貯めることができ、貯まった「楽天ポイント」は街のお店での支払いや楽天グループの各サービスで利用可能です。
※「楽天Edyアプリ」は、「おサイフケータイ(R)」機能が搭載されたAndroid端末で利用可能です。
 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
 Androidは Google LLC. の商標です。


                                    以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング