アブラハム、テクノロジー企業ランキングプログラム 第11回「アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」2年連続受賞

PR TIMES / 2012年12月7日 9時41分

2.2倍の増収、売上高成長率120%を記録

社会を変革するNo.1事業を創出しつづけるアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)が発表した、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下TMT)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第11回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」において、直近3年間の売上高成長率120%を記録し、405位を受賞いたしました。2011年に続く、2年連続の受賞です。



社会を変革するNo.1事業を創出しつづけるアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社(http://abraham-holdings.com/ 本社:東京都港区、代表取締役社長:高岡壮一郎、以下アブラハム)は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)が発表した、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下TMT)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第11回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」において、直近3年間の売上高成長率120%を記録し、405位を受賞いたしました。2011年に続く、2年連続の受賞です。


このランキングは、DTTLが3地域(北米・欧州・アジア太平洋地域)ごとに実施しているプログラムのアジア太平洋地域における結果で、TMT業界での成長性や成功のベンチマークとなっています。アジア各国から、上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業の応募をもとに、直近3決算期の収益(売上高)成長率の上位500社がランキングされます。詳細は、http://www.tohmatsu.com/fast500/2012/をご覧ください。


【Fast500受賞要因】
アブラハムの売上高成長率120%(売上高が2.2倍)を達成した要因として、以下の点が挙げられます。
・アブラハム・プライベートバンク株式会社(関東財務局長金商第532号)が提供する海外投資を専門とする投資助言サービスが個人投資家に支持されたこと(累計投資助言契約額:400億円 2012年9月末現在)
・純金融資産1億円以上の富裕層限定ソーシャル・メディア「YUCASEE(ゆかし)」、高所得者向けニュースメディア「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」などの富裕層メディア事業がユーザ数を伸ばしたこと

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング