FRONTIER、6コアCPUを搭載した最上位ミドルタワー『GZ』シリーズ新発売

PR TIMES / 2012年10月5日 14時51分



~ 6コアCPUパワーで拡がる可能性 ~

株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、2012年10月4日(木)より、6コアCPU対応の新シリーズ『GZ』シリーズの販売を開始いたします。


■製品の概要

このたび発表する『GZ』シリーズは、マルチスレッド処理に圧倒的な処理スピードを誇る6コアCPU対応シリーズです。インテル(R)X79マザーボードをベースにLGA2011版CPU インテル(R)Core(TM)プロセッサー・ファミリー(SandyBridge-E)を搭載しています。クアッドチャネルメモリにも対応し、一般的に重たいと言われるエンコードやレンダリングなどに威力を発揮します。
また、用途やご予算に応じて、高速起動がうれしいSSD、最大32GBまで搭載可能なメモリ、美しい画像と大容量保存が魅力のブルーレイディスクなど各種カスタマイズもお選びいただけます。


■製品の特長

「LGA2011版 CPU インテル(R) Core(TM) i7プロセッサー・ファミリーを搭載」
インテル(R) X79マザーボードをベースに、6コア12スレッドで動作するLGA2011版 CPU インテル(R) Core(TM)i7-3960X プロセッサー、またはインテル(R) Core(TM) i7-3930Kプロセッサーを採用しています。必要な時に動作周波数を引き上げる「インテル(R) ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」や1つのコア(頭脳)が同時に異なる処理を実行する「インテル(R) ハイパースレッディングテクノロジー」によりマルチタスク処理の向上など、圧倒的な処理性能を実現します。

「クアッドチャネルメモリをサポート」
メモリとメモリバスの間のデータ転送速度を4倍にするクアッドチャネルに対応し、驚異的なパフォーマンスを発揮します。

「圧倒的な拡張性」
5.25インチの外部ベイを3つ、3.5インチ内部ベイを3つ、3.5インチ外部ベイを1つと、ミドルタワーの特性を生かした高い拡張性を持ちます。電源は最大850Wまでお選びいただけますので、拡張による電源不足の心配もありません。



尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-k.co.jp/)をはじめ、全国通信販売窓口(TEL 0570-00-5530)にて2012年10月4日(木)より販売を開始しています。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング