韓国カカオトーク向けソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kakao」の登録者数が、50万人を突破

PR TIMES / 2014年3月17日 15時15分

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堤 純也)は、連結子会社であるAcrodea Korea, Inc.(本社:韓国ソウル市、代表取締役社長:Joon Hyung, Kim)が2014年2月28日からモバイルソーシャルプラットフォーム「Kakao Talk(カカオトーク)」において、韓国市場向けに配信中のソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kakao」の累計登録者数が、サービス開始後約2週間で50万人を突破しましたことをお知らせいたします。



今年で15周年を迎える「クター」はPCゲームとして韓国をはじめ多くのアジアユーザーに知られ、かわいらしいキャラクターと独特の世界観に今でも根強い人気を誇っており、スマートフォン向けソーシャルゲームとしては初めての展開となります。
iPhone向けのApp Storeでは無料ゲームのカテゴリーで第1位を記録し、韓国でシェアの高いAndroid端末のGoogle Playでは、同カテゴリーで最高第5位となり、10位前後をキープしています。また、この度、カカオトークでおすすめゲームとしてフィーチャーされ好評を博しています。
アクロディアグループは、今後も引き続き、Acrodea Korea, Inc.を通じ、世界で1億人以上のユーザーが利用する人気モバイルソーシャルプラットフォーム「カカオトーク」でさまざまなゲームを提供してまいります。

(ご参考)
【クターといっしょ!for Kakaoの概要】
「クターといっしょ!for Kakao」は、ゲームの主人公である無表情キャラのクターやその仲間たちが一緒に暮らす島テクノアイランドを舞台にした、さまざまなミニゲームがプレイできるソーシャルゲームです。
まず8種類のミニゲームからサービスを開始し、毎週1種類ずつアップデートする予定です。ユーザーは最大15人のチームを組み、チーム同士で順位を争う「学校リーグ」を通じてカカオトークの友達と一緒にソーシャルリーグに参加することもできます。チーム全員の最高得点及び順位に基づいてランキングを集計し、上位チームには様々なリワードを提供します。このような友達交流システムを通じてソーシャルゲームならではのコミュニケーションもお楽しみいただけます。

※「クター」について
株式会社ギガ連射(本社:北海道札幌市、代表取締役:吉田聖伸)による、笑っているのか泣いているのかさっぱりわからない驚異の無表情キャラ、それが「クター」です。
クターオフィシャルサイト http://kutar.com

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング