【渋谷エクセルホテル東急】「渋谷・鹿児島おはら祭」にちなんで『おはら弁当』販売

PR TIMES / 2013年4月20日 10時20分

地上100メートルの日本料理「旬彩」にて5月3日(金・祝)より

渋谷エクセルホテル東急〔東京都渋谷区 総支配人:末吉孝弘(すえよし たかひろ)〕では、2013年5月19日(日)に
渋谷で開催される「第16回渋谷・鹿児島おはら祭」を記念して、5月3日(金・祝)より、日本料理「旬彩」にて、
ランチタイムに鹿児島の食材をふんだんに盛り込んだ『おはら弁当』を販売いたします。




【概要】
□販売期間:2013年5月3日(金・祝)~5月31日(金) 11:30~15:00 (ラストオーダー14:00)

□料金:3,500円 (税金・サービス料込み) 【1日限定20食】

□献立
【小鉢】順菜酢、ミニトマト、落とし芋
【お造り】鰹造り
【煮物代わり】黒豚冷しゃぶサラダ
【揚げ物】目鯛天麩羅、薩摩芋、青唐 
【焼き物】伊佐木灘波焼き
     はじかみ、落花生豆腐、薩摩揚げ素揚げ
【蒸し物】茶碗蒸し、あおさ海苔餡
【食 事】きびなご黄身醤油漬け、薩摩汁
【テ゛サ゛ート】西瓜、あくまき

◆渋谷・鹿児島 おはら祭について◆
渋谷(道玄坂・文化村)エリアにて毎年開催。60連・約2,000人がパレードし踊りを披露するほか、

鹿児島特産品の販売やPRイベントが行われる。
ご当地鹿児島では1949年から続くおはら祭。祭がスタートした当時の渋谷区長が鹿児島県人の血を引く

方であったことや、ハチ公の初代銅像を造った彫刻家の故安藤照氏が鹿児島出身だったことなどが

渋谷でおはら祭が開催されることに由来しているようだが、渋谷と鹿児島は古くは鎌倉時代までさかのぼる

関係であることも由来の一つである。

◆日本料理「旬彩」 店舗紹介◆
場所:渋谷エクセルホテル東急5階(96席)
TEL:03-5457-0133(直通) ※ご予約・お問合せ
営業時間:7:00~10:00、11:30~15:00、17:30~23:00
特徴:昼食はお弁当・御膳を、夕食は会席料理を中心に提供する日本料理店。
和食ならではの「走り」の食材をふんだんに使った料理を地上100mからの景色とともに楽しむことができる。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング