誕生40周年!イオンのブランド「トップバリュ」の原点 カップ麺「ジェーカップ」が生まれ変わって新登場!

PR TIMES / 2014年1月29日 16時48分

2/1(土)~ グループ5千店舗で数量限定発売

イオンは2月1日(土)より、本年40周年を迎える「トップバリュ」の原点であるカップ麺「ジェーカップ」を、中身も装いも新たに「トップバリュジェーカップ」(3種類、各85円〔税込〕)として、全国の「イオン」「ダイエー」「マックスバリュ」「ミニストップ」など約5,000店舗において数量限定で販売します。



当社は1974年、オイルショックに伴う原材料高騰を背景にナショナルブランド(NB)メーカー各社が値上げをする中、お客さまが求める美味しさへのこだわりを保持しながら、パッケージを極力簡素化するなど資材をカットすることで合理的にコストを吸収し実現した85円というお値打ち価格のカップ麺「ジェーカップ」を発売しました。「ジェーカップ」は、イオンにおけるプライベートブランド(PB)開発の先駆けであると同時に、「常に良い商品をよりお値打ち価格で提供する」という当社の企業姿勢を体現したシンボリックな商品です。

「トップバリュ」40周年の本年、当社は、より多くのお客さまに「トップバリュ」の理念を知っていただきたいとの思いから、「トップバリュジェーカップ」を記念商品として発売します。

イオンは、当商品の企画開発にあたり、人気ラーメン店「なんつッ亭」大将の古谷一郎氏をプロジェクトアドバイザーに迎え、今のお客さまに喜ばれる味を追求。「お客さまはシンプルな美味しさを求めている」とのアドバイスに基づき、カップ麺の中でもひときわ人気の高い「醤油」「塩」「豚骨」の3味に絞り込み、スープの美味しさや具の食べ応え、麺の食感にこだわりました。

また、パッケージデザインは、WEBを介してお客さまに投票していただき、最も人気の高かったデザインを採用させていただきました。

さらに、40年間培ってきたPB企画開発のノウハウや、グループのスケールメリットを最大限に発揮することで、当時と変わらぬ85円(税込)という価格を実現しました。

イオンは今後も、「常に良い商品をよりお値打ち価格で提供する」ため、お客さまの声を伺いながら、トップバリュ商品の企画開発に努めてまいります。

【商品概要】
◎商品名:
 トップバリュジェーカップ 野菜の旨み とろみ醤油ラーメン
 トップバリュジェーカップ 鶏肉の旨み とりしおラーメン
 トップバリュジェーカップ 豚肉の旨み とんこつラーメン

◎価格: 各85円(税込)

◎販売数量: 各味100万個限定

◎発売日: 2014年2月1日(土)

◎販売店舗:合計約5,000店舗
 全国の「イオン」「ダイエー」「マックスバリュ」「ピーコックストア」 「KOHYO」「マルナカ」「イオンスーパーセンター」
 「ミニストップ」「まいばすけっと」「アコレ」など


【ご参考: ジェーカップの歴史】


日本最大の衣食住総合PBである「トップバリュ」の原点は、1974年に当社(当時、ジャスコ株式会社)が発売したカップ麺「ジェーカップ」まで遡ります。

1974年、オイルショックを背景に消費者物価指数がこの半世紀の中で最大級の伸び幅となる23%増を記録。NB商品のメーカー各社が相次ぎ値上げを断行し、「狂乱物価」と言われる中、当社は、消費者代位機能である小売業の使命を果すべく、お客さま視点で商品の仕様を見直し、独自商品の企画開発に取り組みました。

その第1号商品となったのが、カップ麺「ジェーカップ」です。当時のカップ麺にはフォークの付属が当たり前でしたが、お客さまの声を伺ったところ、ご家庭では付属のフォークがほとんど使用されていませんでした。そこで、フォークを省くことで、資材コストを削減し、85円という低価格を実現しました。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング