1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

シタテル、「sitateru CLOUD 生産支援」の生地・附属デジタル管理購入機能で島田商事・コスモテキスタイル・SHINDOと連携開始

PR TIMES / 2021年10月5日 19時15分

~今注目のサステナブル素材や高付加価値機能素材など、生地・附属品のラインナップが増加~

衣服・ライフスタイル産業が抱える社会的課題をクラウドサービス「sitateru CLOUD」で解決するシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、アパレル業務の生産ワークフローを改善するクラウドサービス「sitateru CLOUD 生産支援」の生地・附属デジタル管理購入機能(※1)において、服飾資材の総合商社である島田商事株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:島田晋宏、以下島田商事)と天然繊維を中心とした生地を中心に扱うコスモテキスタイル株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:材木茂、以下コスモテキスタイル)、リボンを中心とした服飾副資材、産業資材、シリコーンなどの事業を展開するメーカーの株式会社SHINDO(本社:福井県あわら市、代表取締役社長:深町忠則、以下SHINDO)の3社を、新たに取引先として連携を開始したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41863/125/resize/d41863-125-5c8d3708f6c180d8e0e6-0.png ]

シタテルは、昨年4月にアパレル業務の生産ワークフローを改善するクラウドサービス「sitateru CLOUD 生産支援」のサービス提供を開始し、これまでに9つの機能をリリースしてまいりました。中でもクラウド上で生地・附属品の在庫確認や発注が可能となる「生地・附属デジタル管理購入機能」においては、生地・附属品などの選定段階から利用可能な「タグ検索」・「サンプル取り寄せ」・「メーカー問い合わせ」の3つの機能を拡充し、表示UIもアップデート。本年5月には新たな取引先として服飾衣料資材のトータルサプライヤーの三景と連携を開始しており、サステナブル素材の拡販に向けた取り組み(※2)など、ユーザーの利便性の向上を追求してまいりました。

そしてこの度、「生地・附属デジタル管理購入機能」において、島田商事とコスモテキスタイル、SHINDOと新たに連携を開始し、サプライヤーを拡張いたしました。
島田商事においては、メンズ向けの釦や裏地、高付加価値機能素材のメッシュやポリエステル100%ですが綿タッチのスレーキ等、オリジナルの副資材商品を90品番ほどを出品予定しております。また、コスモテキスタイルは、業界シェアが高く、布帛系の生地や天然繊維を中心とした生地、また、昨今注目を集めるサステナブルな原料を使用した生地ブランドを取り扱っており、今回それらを含めた110品番ほどがクラウド上で購入可能予定となります。SHINDOは、リボン・テープを中心に、オーガニックコットンシリーズなどのサステナブル素材を含むオリジナルリボンブランド「S.I.C.(エスアイシー)」の商品が630品番ほどクラウド上で購入可能予定となる他、リサイクルポリエステルシリーズを含む新商品の「REF(アールイーエフ)」も購入可能商品として追加予定です。

これにより、「sitateru CLOUD 生産支援」の生地・附属デジタル管理購入機能で購入することができる生地・附属品の商品点数は13,400点強まで増加。特に、近年徐々に普及が進むサステナブル素材のラインナップが充実するため、中小事業者のサステナブル素材の購入ハードルを下げ、ユーザーの利用機会の最大化と更なる利便性の向上が期待できます。



「sitateru CLOUD 生産支援」で購入可能となる商品 ※一部紹介


<島田商事>
[画像2: https://prtimes.jp/i/41863/125/resize/d41863-125-9f91e1a124b127647054-1.jpg ]

ライトエアーメッシュ
最軽量のメッシュ素材。最軽量化と破裂強度を同時に実現する高強度ポリエステルの細デニール糸を使用。ライフスタイルやスポーツ等のあらゆるシーンで「軽さと着心地」を実現する高付加価値機能素材。

<コスモテキスタイル>
[画像3: https://prtimes.jp/i/41863/125/resize/d41863-125-80311683505bbc4683f7-3.png ]

サステナブルシリーズ
オーガニック原料というだけでなく、ファッション向けの素材として成立するよう糸の撚りから凝ったものや特殊加工による風合い付けなど、高品質なモノづくりがベースとなっている。

<SHINDO>
[画像4: https://prtimes.jp/i/41863/125/resize/d41863-125-1e79ef88038c10a98d51-2.png ]

S.I.C.(エスアイシー)
メーカーとして環境に配慮したモノ作り、品質にこだわったSHINDOのオリジナルリボンブランド。プレーンで機能性のある無地テープやリボン、意匠性のあるブレード・ニット・ストレッチテープ・パイピング・コード・トリミングレースなど、約4万点の商品を常時在庫し、小ロット、短納期にも対応している。


今後もシタテルでは、「sitateru CLOUD 生産支援」において、アパレル業務のDXを推進しながら産業全体の構造改革を実現すべく、ご利用いただくユーザーのみなさまのご要望をスピーディーに反映し、よりユーザーにとって利便性の高い機能の開発・実装、取引先企業の連携強化をおこなってまいります。

以上

※1 生地・附属デジタル管理購入機能
生地・附属各社の与信枠獲得の必要なく、直接のやりとりやクラウド上での検索・在庫確認・購入が可能。メーカーごとに異なる確認や発注方法により生じる手間やミスを削減する。

※2 サステナブル素材の拡販に向けた取り組み 参考リリース
シタテル、「sitateru CLOUD 生産支援」で中小企業や小規模事業者を対象に地球環境に配慮したサステナブル素材の普及を支援(2021年6月28日配信)
https://sitateru.co.jp/news/pressrelease/20210628_sitaterucloud-2/


【シタテル株式会社について】
クラウドサービス「sitateru CLOUD」を中心に、衣服およびライフスタイル製品生産のプラットフォーム事業を提供。生活者のライフスタイルの急速な変化に伴う課題や環境問題に対し、衣服を中心に「ひと・しくみ・テクノロジー」により形成された、新しいプラットフォームを構築している。アパレル産業のサプライチェーンに関わる全ての人々が、場所に依存することなく、円滑にコミュニケーションを取り、スムーズに事業を行える環境を提供。プラットフォームを通じてこれまで極めて閉鎖的だった業界をオープンにすることを掲げている。また、長きに渡りアパレル産業の課題とされている環境問題についても、受注生産販売型の仕組みを通じ、広くアパレル事業者全般を支援する。その基盤となるシタテルのサプライチェーンネットワークには、現在国内を中心とした約1,500社の縫製工場・生地メーカー等と連携、約22,000社のブランドや企業が登録している。(2021年9月時点)

*提供サービスサイト
・siteteru CLOUD https://sitateru.com/cloud/
・店舗・施設向け ユニフォーム https://cstm.sitateru.com/offices/lp/
・飲食店向け ユニフォーム https://cstm.sitateru.com/restaurants/lp/

■会社概要
会社名:シタテル株式会社
代表取締役:河野 秀和
事業内容:クラウドサービスを中心とした衣服生産のプラットフォーム事業の運営
資本金:1億円
従業員数:89名(2021年9月時点)
設立:2014年3 月
本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2階
東京支社:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル8階
Webサイト: https://sitateru.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ
シタテル株式会社 マーケティング部
TEL:03-6303-2226
e-mail:marketing@sitateru.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング