この国に、もっと「つかむ」よろこびを。 アミューズメント専用景品の総称ブランドが誕生、その名も クレーンキング 『CRANEKING 』

PR TIMES / 2012年7月4日 10時19分



 バンダイナムコグループのバンプレストは、このたびプライズ事業において、2012年9月より展開するアミューズメント専用景品を封切りに、総称ブランドをすべて「CRANEKING」に変更し展開することといたしました。

 当社プライズ事業はこれまで、アミューズメント専用景品として、独自のキャラクターマーチャンダイジングを活用し、フィギュア、ぬいぐるみなどの様々なキャラクター商材を展開してまいりました。当社の強みであるキャラクターの世界観を活かした商品づくりで、アミューズメント市場に商品を提供し続けておりましたが、独自の強み、こだわりをメッセージとして伝えきれておりませんでした。

 本展開は、新体制になって第5期にあたる節目として、従来の「バンプレストプライズ」に変えて「CRANEKING」という新たな総称ブランドで今後の商品展開を行う事で、クレーンゲームの楽しさをより多くのユーザーに知って頂くとともに、当社の物づくりに対するこだわりを発信し、アミューズメント専用景品におけるブランドとしての認知拡大を目的としております。

 また、来る8月2 5日(土) 、2 6日(日)に幕張メッセ国際展示場にて開催される「キャラホビ2012C3×HOBBY」にて一般への告知を行う事を封切りに、認知の促進と、アミューズメント業界の牽引役として、今まで以上に市場の活性化に努めてまいります。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング