世界初!移動式体感型全天球シアター「SPACE BALL」全貌初公開!

PR TIMES / 2012年10月30日 9時21分



テレビ東京は、本日、世界で初めての移動式大型宇宙体感シアター「SPACE BALL」の試作機体験会を行い、シアター全貌・上映内容ストーリー・2012年12月15日からの東京会場開催概要・シアターの内部を初公開いたしました。12月15日(土)の東京国際フォーラムを皮切りに全国展開いたします。

〈 SPACE BALL とは〉

「SPACE BALL」は、宇宙空間を自由に旅することのできる、最先端のテクノロジーを駆使した世界初の移動式体感型全天球シアターです。直径約10メートルの球体スクリーン内部に、ガラスでできたフローティングステージがあり、前後左右、上下…全身が果てなき星空と映像、そしてこれまでにない方式の立体音響に包まれます。自身が透明な球体カプセルに入って地球を出発し、そして宇宙の果てまで、約10分間に凝縮した宇宙旅行を楽しむ感覚です。世界でたったひとつ、意識が変化するような新しい体験が出来るシアターです。

シアター特徴1) 360度の超高解像度球体シアター
シアター内に内蔵されているのは、19台の2Kプロジェクターと、世界に誇るプラネタリウムマシンMEGASTARの最新機種「FUSION」。美しく精緻な星空を描き出す光学式プラネタリウムと、あらゆる映像や空間表現を可能にするデジタルプラネタリウムの技術を文字通り融合させ、これまでにない宇宙像を再現するテクノロジーです。ガラスの床面の下にも広がる果てしない宇宙の映像。これまで宇宙飛行士しか見たことのない地球の姿をさまざまなデータと、超高解像度映像で表現します。
座席に座って空を眺めるという従来の形ではなく、自分が地球から旅立ち、宇宙空間に放り出されるような体験が可能です。

シアター特徴2) 新方式、驚きの立体音響 
外円周上に置かれた8台のファースピーカー、ステージ上5台のニアスピーカーで遠近の立体感を出し、足下に2台の大型ウーファー、さらに5.1ch(ドルビーHP)オープンエアタイプのヘッドフォンを併用し、計18.2chサラウンドでつつみこまれるこれまでにない立体音響。遠くの音から耳許でささやくような音までをダイナミックに表現する他にはないサウンドシステムです。ロケット発射シーンでは、JAXA協力のもと実際に種子島の発射現場でサラウンド録音。体中に振動を感じるほどの臨場感が体験できます。また、宇宙を漂う雰囲気を重低音で表現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング