【レオパレス21/住み替えに関する実態調査】およそ4人に1人が今住んでいる部屋に不満があり、引っ越しを考えている!? 不満がある人の約半数が3ヵ月以内のスピード住み替えを希望

PR TIMES / 2014年4月23日 13時6分

~不満があり引っ越したいものの約半数が引っ越しできない実態とは~



レオパレス21では、新生活が始まってすぐ住み替えをする方が多く、第二の引っ越しシーズンとなる4-6月の時期を前に「住み替えに関する実態調査」を実施いたしました。なお本調査は、2014年4月4日(金)から4月8日(火)までの期間、調査会社によるインターネット調査により全国のひとり暮らしをしている新大学生、新社会人、単身社会人と、ひとり暮らしをしている新大学生の親※の男女1,363名に対してアンケートを行いました。(※新大学生の親については子供について回答。大学生の部屋選びにおいて親の意見が重視されることが多いため。)

【調査結果1.】
およそ4人に1人が、今住んでいるひとり暮らしの部屋に不満があり、引っ越しを考えたことがあると回答。


「今住んでいるお部屋に不満があって引っ越したいと思ったことはありますか?」と質問したところ約24%の人が不満があり、引っ越したいと思ったことがあると回答しました。住む家を決める際には事前に下見をしているにもかかわらず、いざ住むと意外に不満がでてくる実態がわかる結果となりました。

【調査結果2.】
引っ越しを考えたことがある人の約6割が3ヵ月以内の住み替えを希望。理由は「間取り」や「周囲の騒音」、「家賃の負担」など住み始めて実感する問題多数。


自分の部屋に不満があって引っ越したいと思っている方に対して「引っ越してからどのくらいの期間で引っ越しを考えましたか?」と聞いたところ約59%が「3ヵ月以内」と回答し、中でも新大学生、新社会人では約半数が引っ越し直後に住み替えを考えたことがあると回答しました。引っ越しを考えた理由にあてはまるものとして、「間取り」、「周囲の騒音」、「家賃の負担が大きい」と回答した人がそれぞれ約3割ずつとなり、住み始めてから実感する問題が多数顕在化する結果となりました。

【調査結果3.】
不満はあるが、引っ越しに踏み切れない理由とは!?“金銭面など”が問題で、約半数の人が引っ越しできない実態が明らかに!


部屋に不満があると回答した方に「引っ越す予定はありますか?」と質問したところ、不満はあるものの約半数が「引っ越す予定はない」と回答しました。その理由として複数回答で「金銭面」と回答した人が60%にのぼり、金額面が大きな負担になって気軽に住み替えができない実態が明らかになりました。

< 参 考 資 料 >
住み替えたいけどできない・・そんな方をレオパレスがサポート!家賃1ヵ月分無料になる「新生活応援キャンペーン」実施中!


自分の部屋に不満があって住み替えたいと思っているけどなかなかできない、そんな方に対して、レオパレス21では家賃1ヵ月分が無料になる「新生活応援キャンペーン」を実施中!4月1日から30日までの期間、全国の対象物件において契約金から家賃の1ヵ月分相当額について、値引いたします。これを機に、レオパレス21物件へのご入居を、ぜひご検討ください。

【キャンペーン概要】
内容:契約金(敷金・礼金・前家賃・日割家賃・鍵交換費等の初期費用)に含まれている家賃の1ヵ月分相当額について契約金から値引するものです。本キャンペーンで無料となる家賃には、管理費・環境維持費・駐車場料金等は含まれません。
対象者 :当社管理物件を初めてご利用される方 ※契約名義は個人契約のみとなります
対象プラン:賃貸契約

詳しくは、下記ホームページをご確認ください。
http://www.leopalace21.com/osirase/1off.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング