「太陽光発電」「風力発電」「地熱発電」「政策」に特化して最新動向を整理 『世界の再生可能エネルギー最新動向2013』を4月25日に発行

PR TIMES / 2013年4月23日 14時41分

インプレスグループでエンタープライズIT関連メディア事業を手がける株式会社インプレスビジネスメディア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村照明)は、「太陽光」「風力」「地熱」など世界の再生可能エネルギーの最新技術とビジネス動向、エネルギー政策について解説した『世界の再生可能エネルギー最新動向2013』を、4月25日(木)に発売いたします。

本書の前身である『世界のマイクログリッドと再生可能エネルギー2011』は、東日本大震災が発生した3.11から間もない頃に発行いたしました。その後、東京電力の福島原子力発電所の事故はいまだにさまざまな形で私たちの日々の生活に影響を与えています。一方で、2012年7月には日本でも太陽光発電についてのFIT(固定価格買取制度)が導入され、その設備導入量は大幅に増加し、再生可能エネルギーのさらなる導入に期待が集まっています。

このような状況のなか、本書は、私たちが持続可能な生活を考えるうえで重要な要素となる可能性を秘めている、「太陽光」「風力」「地熱」などの再生可能エネルギーに特化して解説して発行するものです。

本書は、全体で6章構成となっています。第1章では、まず世界におけるエネルギートレンドの最新動向を整理し、再生可能エネルギーの定義と世界における導入状況を整理しています。また、日本における再生可能エネルギー導入の背景を理解するために必要な「電気事業」の基礎知識を整理して解説しています。

第2章から第4章までは、「太陽光発電」「風力発電」「地熱発電」を取り上げ、共通の形式で最新動向を整理しています。まず、太陽エネルギー、風エネルギー、熱エネルギーなどの各エネルギー源について取り上げ、その活用方法を紹介しています。その後、技術動向やビジネス動向、そして各国における導入状況を整理して解説しています。
続く第5章では、まず再生可能エネルギーに関する各国のロードマップをまとめ、導入促進のための重要な施策であるRPS(再生可能ポートフォリオ基準)やFIT(固定価格買取制度)などの特徴について触れています。その後、日米欧のエネルギー関連政策や具体的な施策の動向を比較し、整理しています。

最後の第6章では、これまでの議論を振り返った後、米国を中心として注目されているシェールガスについて簡単に状況をまとめ、そのうえで、今後、着目すべき再生可能エネルギー動向のポイントを提示しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング