会津若松市とイオン株式会社との地域貢献協定の締結について

PR TIMES / 2014年2月4日 17時6分

福島県会津若松市(市長:室井 照平)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田 元也)は本日、地域貢献協定の締結に合意いたしました。

このたびの協定は、会津地域の一層の活性化及び市民サービスの向上に向けて、相互の連携を強化することを目的に締結しました。
本協定の締結により、会津若松市とイオンは、会津地域の産品の地産全消をはじめ、全国のイオングループ店舗網を活用した販路拡大(全消)に努めるほか、観光振興や環境保全、電子マネー「WAON」を活用した地域振興などについて協力し、さまざまな取り組みを進めてまいります。

本協定の取り組みの第一弾として、イオンは「會津 極上WAON」を本年3月20日(木)より発行いたします。イオングループの店舗をはじめ、マクドナルド、ファミリーマートなど全国約17,3000箇所の「WAON」加盟店で「會津 極上WAON」を利用してお支払いされた金額の一部をイオンが寄付し、会津地域の産業振興に役立てていただきます。

会津若松市とイオンは、2013年1月から2014年3月まで全国のイオングループの店舗を巡回し、「会津フェスタ」を開催しています。同フェスタでは会津地域の産品販売のほか、文化や歴史の紹介、室井市長によるトップセールスも行われ、全国のお客さまに好評を博しています。

本協定の締結を機に、イオンはこれまで以上に会津若松市との協働を深め、イオングループの総力を挙げて国内外において会津地域の魅力を伝える取り組みや、地域の皆さまを対象にした新しいサービスの創出などを進めてまいります。

【本協定の概要】
(1)地産・全消の推進、会津産品の販売促進に関すること
(2)観光の振興に関すること
(3)電子マネーの活用に関すること
(4)環境保全に関すること
(5)その他、地域社会の活性化及び市民サービスの向上に関すること

【會津極上 WAONの概要】
・発行開始:2014年3月20日(木)
・販売場所:
 東北エリアの「イオン」「イオンスーパーセンター」約60店舗で販売をスタートし、
 その後順次、全国のイオングループ店舗で販売します。
・販売目標:3万枚
・発行手数料:300円
・チャージ可能金額:上限5万円(一回あたりのチャージ金額は2万9千円)

「會津極上 WAON」カードデザイン


【WAONの概要】
・累計発行枚数:約3,780万枚(2013年12月末現在)
・年間利用件数:約6億9,200万件(2012年度)
・年間利用金額:約1兆2,000億円(2012年度)
・平均利用単価:約1,730円(2012年度)
・利用可能箇所:約173,000箇所(2013年12月末現在)

【会津地域の特産品 会津塗りの協定書について】
両者による地域貢献協定の締結に当たり、400年以上の歴史を持つ会津若松市名産の「会津塗(漆器)」を用いた協定書を制作し、交換いたします。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング