Wi-Fi ネットワーク経由で外出先からでも今すぐ確認・電源ON/OFFが可能な、Wi-Fiワットチェッカー(RS-WFWATTCH1) 7月下旬 発売

PR TIMES / 2020年7月2日 18時40分

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、2020年7月下旬、Wi-Fi接続のワットチェッカー「RS-WFWATTCH1」の出荷を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23921/127/resize/d23921-127-224343-0.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/23921/table/127_1.jpg ]


本製品は、ご好評をいただいておりましたBluetooth電力計「Bluetoothワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)」のWi-Fi接続モデルです。ご自宅のWi-Fiに接続し、スマホを使って家電の消費電力を測ることができます。
 手元で状況の確認をしたり操作したりするため、コンセントがどこにあっても OK。本体に画面があるタイプのワットチェッカーでは難しい機器の裏や、高所にあるコンセントにも安心して導入できます。

Wi-Fi経由でネットワーク接続、外出先から確認
本製品はWi-Fi経由でネットワークに接続。 スマートフォンやタブレットから、今知りたい機器の電力を専用アプリで素早く確認することができます。
また、外出中でもスマホやタブレットで測定状況を把握することが可能。
測定データは、アプリ上に数値やグラフで表示されます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23921/127/resize/d23921-127-464743-1.png ]


家電の電源きり忘れに便利な、リモート電源ON/OFF機能
本製品の専用アプリを使用することで、外出先からワットチェッカーからの電力供給をOFFにしたり、またONにすることも可能です。 急な外出など電源を切り忘れた場合でも、アプリを使ってワットチェッカーの電源をOFFにすることで、消し忘れの防止に役立ちます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23921/127/resize/d23921-127-675610-2.jpg ]

約50ヶ月分(日換算)の消費電力量を保存できる本体メモリー内蔵
本製品には、(日・時・分)/毎での記録を本体メモリーに保存が可能です。日計算で約50ヶ月分の消費電力量を保存でき、累積データ表示の1ヶ月をグラフでさかのぼって確認できます。本製品をコンセントから抜いても、消費電力量・測定日データは保持されます。

リアルタイム計測機能を搭載
ワットチェッカーには、使用している機器の電力の1秒ごとの計測データを記録することのできるリアルタイム計測機能を搭載。たとえば、扇風機の風量調節による電力消費の違いや電源のON/待機時の電力差、時間経過とともに変化する電力量などを数字やグラフを通して確認することができます。
※ Wi-Fi環境や連続計測との併用によって計測タイミングにラグが発生する場合があります。


[画像4: https://prtimes.jp/i/23921/127/resize/d23921-127-459616-3.png ]

【 Wi-Fi ワットチェッカー RS-WFWATTCH1】
◆ 特徴一覧


電気製品の今の消費電力を簡単測定
Wi-Fi経由でネットワークに接続、外出先から確認
消費電力や消費電力量など5種類のデータを計測
約50ヶ月分(日単位)の消費電力量を本体に保存
電力消費を継続して計測できる「リアルタイム」計測
リモートで電源をON/OFF可能
測定データをCSVファイルに書き出し可能
接続した家電を雷サージから守る雷ガード機能
100V/15A、1500Wまでの家電を接続可能



【関連URL】
Wi-Fi ワットチェッカー(RS-WFWATTCH1)製品情報
https://www.ratocsystems.com/products/subpage/wfwattch1.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング