1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

イッタラ「サルヤトン」を手掛けたデザイナー、ヨップス・ラムによる作品展を開催

PR TIMES / 2012年12月17日 11時44分

イデーが継続的に取り組んでいるプロジェクト「Life in Art」の第8弾・最新企画として、フィンランドおよび東京を中心に活動するデザインスタジオMUSUTA(ムスタ)のデザイナー、Jopsu Ramu(ヨップス・ラム)の作品をご紹介しています。イッタラ社よりこの秋冬にリリースされたサルヤトンシリーズの発売を記念し特別に描きおろした作品たちがMUJI新宿に登場します。作品はWEBサイト「Life in Art」にて購入いただけます。



暮らしのあり方をトータルに提案するインテリアブランド「イデー」では、「Life in Art (ライフ イン アート)」プロジェクトの第8弾・最新企画として、フィンランドおよび東京を中心に活動するデザインスタジオMUSUTA(ムスタ)のデザイナー Jopsu Ramu(ヨップス・ラム)の作品を紹介しています。今回「ライフ イン アート」サイトで販売するのはシルクプリントのシリアルナンバー入りエディション作品、全18点。うち5点をMUJI新宿内Cafe & Meal MUJI 新宿で展示します。

作品が生まれたきっかけとなったのはフィンランドを代表する陶器ブランド「iittala (イッタラ)」からこの秋冬にリリースされた食器「sarjaton(サルヤトン)」シリーズ。現代フィンランドを代表するデザイナー・クリエイターのコラボレーションという新しい取り組みに、この夏のニュース発表時から、日本を含む世界の北欧カルチャーファンの間で熱い注目を集めました。そのデザインを担当したムスタのヨップス・ラムが、シリーズ発売を記念して特別に描きおろしたパーソナルな作品です。

作品、展示のコンセプトはフィンランド語の『KALA(カラ)』、日本語で"魚"を意味します。フリーハンドでゆるやかに描かれた抽象的なパターンの中にゆっくりと泳ぐ魚が、私たちをゆるやかな旅へと誘います。シンプルで、どこか愛おしいラインでの表現の中に見え隠れする、柔らかな知性と哲学。ぜひ展示をご覧ください。


■イデー Life in Art 第8弾: ヨップス・ラム / ムスタ ~KALA展~
日程:2012年11月30日(金)~2013年1月23日(水)
場所:無印良品MUJI 新宿 / Cafe & Meal MUJI 新宿
    東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1F 
    Tel. 03-5367-2726、営業時間:11:00~21:00


■Jopsu Ramu(ヨップス・ラム)
MUSUTA Ltd.(ムスタ)のクリエイティブであり、ファウンダー。モーショングラフィックや映像演出、デザイン、アートディレクション、ブランドや広告代理店などのクリエイティブディレクションも手掛け、東京・ヘルシンキを中心に、世界中で活動している。2011年にはMUSUTA Ltd.として、イデーショップ全店のクリスマスのショップ・インスタレーション“HYVAA JOULUA(フィンランド語で「メリークリスマス」)”を展開した。


■MUSUTA Ltd.(ムスタ)
ムスタはヘルシンキと東京で活動し国際的に表彰されているクリエイティブスタジオ。ヨプス・ラムとティモ・ラムにより設立され、プロダクト、ブランド、アートやメディアにおいて革新的な作品を発表している。デジタルとフィジカルの世界の境界に疑問を投げかけ、そのラインを越えて、個人的、商業的事業の両面をカバーするプラットフォームとして活動中。近年、カンヌのGold Lion 賞、D&Ad London のブロンズ賞、ヨーロピアンデザインアワードのブロンズ賞を受賞。2012年9月には、iittala 社より「sarjaton」シリーズを他デザイナーと共に発表。


■IDEE Life in Art(イデー ライフ イン アート):
イデーが考えるアートは生活になくてはならないもの。生活の探求、美意識のある生活をテーマに、豊かな時間を過ごすためのオリジナル家具やデザイングッズなどを取り扱うイデーでは、アーティストやデザイナーとともに、暮らしのなかのアートを提案しています。本展示の作品は、すべてIDEE Life in Art オンラインサイトにて販売しています。なお、収益の一部は、東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。
http://ideelifeinart.com


■iittala “sarjaton” イッタラ「サルヤトン」シリーズ:
フィンランドの伝統を現代の感覚で解釈し、2012年に発売されたイッタラ社の食器シリーズ「サルヤトン」。コレクション全体を支配する自然なフォルムとトーンは、フィンランドの古いテクスチャーやテキスタイルにヒントを得たもの。刺繍やかご編みといった手わざの伝統を踏まえたパターンデザインが、フィンランドのルーツと文化を伝える。ハッリ・コッキネン、アレクシ・クオッカ、ムスタ、サムジという現代フィンランドを代表する若手クリエイターのコラボレーションにより誕生した、世界的に注目を集める新作。

イデーショップ各店ではこの「KALA」展の開催に合わせ、ムスタのデザインしたパターンLetti(「編み込み」の意)とMetsa(「森」の意)が施されたプレート、マグおよびグラス(2013年1月入荷予定)を販売します。(商品の取扱状況に関して、詳しくはお問い合わせください。お問合せ先:イデーショップ 自由が丘店 Tel:03-5701-7555 )

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング