パナソニック ネットソリューションズ  経費精算のクラウドサービス「MajorFlowクラウド」がクラウド会計ソフト「freee」との連携に対応

PR TIMES / 2015年1月7日 15時25分



パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるパナソニック ネットソリューションズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:前川 満 以下:パナソニックNETS)は1月7日より、経費精算のクラウドサービス「MajorFlowクラウド」をクラウド会計ソフト「freee」(freee株式会社)に連携対応(※1)いたします。

「MajorFlowクラウド」は2014年10月1日からサービスを開始したクラウドサービスです。経費精算と出退勤打刻の2つの機能を備えており、経費精算機能については、経費申請~承認のワークフローから支払い業務までを一元管理する本格的な経費精算が実現できるとご好評をいただいています。

従来までは7種類の会計ソフトに対応していましたが、このたび初めてクラウドの会計サービスと連携することで、すべてのプロセスをクラウド上で完結させ、経理業務をよりスピーディに進めることが可能になりました。

パナソニックNETSは2005年よりWebワークフローシステム「MajorFlow」を手がけ、お客さまのニーズに合わせ数々の機能強化を行ってきました。「MajorFlow」は大企業・中堅企業をメインターゲットとしていますが、より手軽にお使いいただける「MajorFlowクラウド」の提供を通じ、今後、さらに小規模のお客さまに向けても展開を進めます。

■今回の連携対応について
(1)連携対応日            2015年1月7日
(2)新たに対応した会計ソフト   「freee」
(3)価格(税抜)          MajorFlowクラウド 経費精算:350円/月(1ID)
                  ※連携対応後も価格に変更はありません。

■「MajorFlowクラウド」無料お試しサイト(最長2ヶ月)
ご契約前に最長2ヶ月間、「MajorFlowクラウド」を実際にお試しいただけます。
お試しサイトでは、「MajorFlowクラウド」の全ての機能をお試しいただけます。

▼製品サイトURL
http://www.majorflow.jp/

■「MajorFlowクラウド」について
「MajorFlowクラウド」は5名からのスモールスタートが可能な上、PCでもスマートフォン/タブレットでも使えるクラウドサービスです。経費精算と出退勤打刻の2つの機能を有しています。

「MajorFlowクラウド 経費精算」では、経費申請~承認のワークフローから支払い業務までを一元管理できます。経費計上処理や仮払管理、支払処理だけでなく、会計ソフト、オンラインバンキングとの連携など多数の機能を搭載しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング