1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「タケオキクチ」渋谷明治通り本店 11月22日(木)オープン ~菊池武夫の世界観を体感できる、あたらしいフラッグシップショップ~

PR TIMES / 2012年11月22日 10時33分



株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI/タケオキクチ」は、11月22日(木)、渋谷区神宮前に「タケオキクチ」渋谷明治通り本店をオープン、今年5月に「タケオキクチ」のクリエイティブディレクターに復帰した菊池武夫がコンセプト作りから手掛けた旗艦店として、「タケオキクチ」ブランドの新しい世界観を発信します。


【街と一体になる心地よい店舗で、明治通りのランドマークに】
地上3階の路面店は、全面がガラス張りで、明治通りから店内全てが見渡せる、まるで街と一体化したような店舗です。
店内は、アルミサッシと木、コンクリートの壁など異なる質感を組み合わせ、シンプルかつナチュラルな空間が広がるほか、2階の什器を可動式にし、シーズンやイベントに合わせて空間を自在にアレンジできる細やかな設計に。全館を通してフリーWi-Fiが利用でき、店内のソファやベンチで、お客様に自由に寛いで頂けます。また、接客テーブルにはiPadも設置し、シーズン毎のイメージムービーやスタイリングを伝える新しいアプローチも。更に2階には、菊池武夫のアトリエを設け、クリエイティブを身近に体感頂ける、旗艦店ならではのスペシャルな店舗です。


【「タケオキクチ」の全ラインナップに加え、限定商品も】
商品は、1階はカジュアルウエアと服飾雑貨を中心に、2階はスーツと、旗艦店ならではの豊富な素材からセレクトできるパターンオーダーを展開。また、『TAKEO knows』として、「タケオキクチ」を象徴するさまざまなアイテムにスポットを当てる商品展開をシーズン毎に開催。第1回目は菊池武夫のアイコンである“帽子”にフォーカスし、菊池の帽子へのこだわりや、写真家Irving Penn(アーヴィング・ペン)が撮影した菊池のポートレートを紹介します。

※商品構成比・・・カジュアル:ドレス(スーツ・シャツなど):雑貨=40:30:30


【3階にはサンドイッチ専門店 「REFECTOIRE (Le Petit Mec)/レフェクトワール(ル・プチメック)」を出店】
3階には、京都で人気のベーカリー「ル・プチメック」 http://www.le-petitmec.co.jp/が手掛ける、こだわりのパンを使ったサンドイッチ専門店「レフェクトワール(ル・プチメック)」がオープン。「レフェクトワール」とはフランス語で「食堂」の意味。その店名通り、おひとりでも、仲間同士でも気軽に楽しめるカウンターや大きなテーブルを配置しました。入り口のカウンターで注文するセルフ形式で、サンドイッチをメインに、スープ、デザートを楽しめます。


「タケオキクチ」渋谷明治通り本店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-10  11:00 ~20:00  ※2013年元旦は定休日/大晦日は18:00まで営業。

売場面積 約140坪(462m2 )
1F=売場 約50坪 
2F=売場 約40坪 / 菊池武夫アトリエ 約10坪
3F=サンドイッチ専門店 約40坪


「タケオキクチ」  http://www.takeokikuchi.com

色気と遊び心があり、今の時代をさりげなく着こなす男性のためのTOKYO発信ブランド。高いモノづくり技術と、ブランドの歴史に裏打ちされた確かな品質をもとに、様々なライフシーンに合わせたトータルなスタイリングを提案。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング