創業70周年を機にマスターブランドが誕生 公社賃貸住宅の愛称が 『SMALIO(スマリオ)』 に!

PR TIMES / 2020年3月19日 16時25分

~ 住まいを通して”自分らしく、ゆとりあるくらし“を提供します ~

大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(本社︓大阪市中央区、理事長︓堤 勇二、以下、公社)は、賃貸住宅事業のリブランディングを実施し、新たなブランド価値の創造と認知度向上をめざし、公社賃貸住宅を包括するマスターブランド名称を『SMALIO(スマリオ)』(以下、SMALIO)と定めましたことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19188/128/resize/d19188-128-289238-0.jpg ]

公社では本年6月に創業70周年を迎えるのを機に、主力商品である賃貸住宅がお客様に提供する価値について新たに見つめ直し、これから住まいを探す若年世帯や子育て世帯を中心とした顧客層に親しみや愛着を持っていただける賃貸住宅ブランドづくりをめざしています。公社賃貸住宅は『SMALIO』として、お客様に”自分らしく、ゆとりあるくらし“を提供するブランドとして新たにスタートいたします。

SMALIOの誕生に伴い、ブランド紹介サイトを公開しましたのでご覧ください。
https://www.osaka-kousha.or.jp/smalio/index.html

■ブランドメッセージ
「SMART LIFE OSAKA  自分らしく、ゆとりあるくらし」
公社が提供する賃貸住宅SMALIOは、大阪府内に約2万戸。
一人一人のライフスタイルに応じて、どんな人にも自分らしい笑顔あふれるくらしをお届けします。

■ブランドロゴデザイン
ブランドロゴは「M」の字を人に見立て、人と人がゆるやかに繋がり支えあうくらしを表現。アルファベットの書体はランダムに太さを変えて、親しみやすさや楽しいイメージを伝えています。

■SMALIOとは?
ブランドメッセージでもある「SMART LIFE OSAKA」の略語・造語です。
「SMART」には“洗練された”、“かっこいい”という意味があり、大阪弁で言う“シュッとした” に近いイメージがあります。
お客様が思い描く“自分らしいくらし(SMART LIFE)”を大阪で始めてみませんか、という想いを込めています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/19188/128/resize/d19188-128-386285-1.jpg ]

■「自分らしく、ゆとりあるくらし」

公社賃貸住宅SMALIOは、マンションタイプ「OPHシリーズ」、団地タイプをリノベーションした「ニコイチ」、「L+DRシリーズ」などのほか、自分好みにDIYができる住戸などバリエーション豊か。ニーズに合った住まいを通じて“自分らしく、ゆとりあるくらし”をお届けすることで、皆さまに愛されるブランドをめざします。


[画像3: https://prtimes.jp/i/19188/128/resize/d19188-128-880397-2.jpg ]

■ブランド展開
SMALIOブランド活用の第1弾として、OPH新千里西町(豊中市)で銘板や掲示板などの共用部へロゴデザインを取り入れます。以降、他の既存団地や今後建替を行う団地に広げていきます。
また、今後は公社賃貸住宅募集サイトや大阪府内の各募集カウンターなどで、お客様へSMALIOブランドを積極的にPRしていきます。


◆大阪府住宅供給公社概要
代表者 : 理事長 堤 勇二
所在地 : 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
創業 : 1950年6月
事業内容 : 賃貸住宅など管理事業、耐震化事業、建替事業、府営住宅管理事業など
基本金 : 3,100万円(全額大阪府出資)
公社WEBサイト :  https://www.osaka-kousha.or.jp/
公社は、国連目標であり、2025 年大阪・関西万博が達成目標に掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指しています。とりわけ、SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」および目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の実現に向けて事業展開を行っており、関係機関と連携して様々な取り組みを進めています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング