アスクル、オリジナル天然水「LOHACO Water 410ml」が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

PR TIMES / 2019年10月5日 4時35分

~環境に配慮したラベルレス、水のモチーフをエンボスで表現したECならではの商品として高評価~

 アスクル株式会社 (本社:東京都江東区、代表取締役社長:吉岡晃、 https://www.askul.co.jp/、以下「アスクル」)が販売するオリジナル天然水「LOHACO Water 410ml」(1 箱 20 本入、全 8 柄)は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」( https://www.g-mark.org/award/describe/49562)を受賞しました。
 「LOHACO Water 410ml」は、廃棄時にラベルをはがす手間が省ける”ラベルレス“で小容量タイプのオリジナル天然水です。ラベルをなくすことで、近年世界的課題となっているプラスチックごみの削減と、お客様の利便性を両立させました。
 この度、「環境に配慮したラベルレスや飲みきれるサイズで、水のモチーフをエンボスで表現することでクリアなイメージを担保したECならではの商品」として高く評価いただき、受賞に至りました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21550/128/resize/d21550-128-436252-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/21550/128/resize/d21550-128-984006-1.jpg ]

          「2019年度グッドデザイン賞」受賞 「LOHACO Water 410ml」
                 https://lohaco.jp/product/J697437/

■「LOHACO Water 410ml」とは
 環境意識が急速に高まっている昨今、アスクルでは”ラベルレス“で小容量タイプのオリジナル天然水「LOHACO Water 410ml」を2018年7月から販売しています。ラベルをはがして分別する手間を軽減するほか、スリムボトルでバックに入れてもかさばりにくく、持ち歩きに便利な飲みきりやすいサイズです。必要な商品情報はボトルキャップの天面シールに記載し、詳細はQRコードからWebサイトの商品ページへ誘導しています。
 デザインはボトルに直接刻印を施し、自然豊かな群馬県嬬恋村をイメージした、水が生まれるまでの過程に存在する「滝・雫・霧・雪」をモチーフの4種8柄で展開。また、1箱20本という入り数や外装箱はeコマースでの輸配送を前提に開発した、側面がA4サイズより小さいコンパクトサイズです。段ボールの底面にピッタリ収まり、ご注文いただいた日用品と一緒に1箱でお届けできることで、配送効率の改善によるCo2削減など環境にも配慮した設計になっています。

■審査委員による評価コメント
 「2019年度グッドデザイン賞」受賞にあたり、以下評価コメントをいただきました。
「女性のオフィスワーカーをターゲットとした天然水のパッケージデザイン。通信販売のみの商品なので、環境に配慮したラベルレスや女性が飲みきれるサイズに踏み込むことができた。天然水へのこだわりについての文字情報はないが、水のモチーフをエンボスで表現することでクリアなイメージを担保している。今後ますます通販の需要は高まると思うが、通販ならではのブランドづくりのお手本となって欲しい。」

■グッドデザイン賞とは  http://www.g-mark.org/
 1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

【受賞商品概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/21550/table/128_1.jpg ]



 アスクルは今後も、企業と個人のお客様双方により一層心地よくご使用いただけるよう、独自価値を追求したオリジナル商品や限定販売商品を開発してまいります。

<関連プレスリリース>
●2018年7月18日
「オリジナル天然水「LOHACO Water」 ラベルのないペットボトルで、飲み切りサイズ(410ml)を販売開始
  https://pdf.irpocket.com/C0032/y7if/l3qd/HsNg.pdf

※プレスリリースに掲載の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング