【デジタルビデオカメラに関するアンケート調査】デジタルビデオカメラを月1回以上利用している人は、所有者の3割強。「持っているが、使っていない」は1割強で増加傾向

PR TIMES / 2014年6月16日 9時26分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『デジタルビデオカメラ』に関するインターネット調査を2014年5月1日~5日に実施し、10,596件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19008/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■デジタルビデオカメラ所有率は4割。月1回以上の利用者は所有者の3割強、「持っているが使っていない」は1割強。過去調査と比較し利用頻度が減少傾向
■デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法は「パソコンにコピー」の他、本体に入れっぱなしという人も多い。「本体のメモリーに入れたまま」は2012年よりやや増加
───────────────────────────────────────────



◆デジタルビデオカメラの所有状況、利用頻度
デジタルビデオカメラを持っている人は、「初めて購入したもの」「買い換え・買い足し」を合わせて40.4%です。20代の所有率が最も低く、10代や30・40代で高くなっています。「持っている(初めて購入したもの)」は女性10・30代で3割弱、「持っている(買い換え・買い足し)」は女性40代で3割弱と他の年代より多くなっています。

デジタルビデオカメラ所有者のうち、月1回以上利用している人は34.0%です。過去調査と比べて利用頻度は減少傾向です。「持っているが使っていない」は1割強で、過去調査より増加しています。20・30代では、月1回以上の利用者が男性5~6割、女性4割と他の年代より多くなっています。


◆デジタルビデオカメラの購入のきっかけ
デジタルビデオカメラ購入のきっかけは、「子供の成長記録のため」(36.5%)が最も多く、「旅行」「入学式・運動会などの園や学校行事」「出産時」が各2割弱で続きます。10・20代では「旅行」が最も多くなっています。週に1回以上利用者では、「旅行」「普段の生活の記録」が他の層より多くなっています。


◆デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法、活用方法
デジタルビデオカメラ利用者に、撮影した映像の保存方法を聞いたところ、「本体のメモリーに入れたまま」「パソコンにコピー」「本体の内蔵ハードディスクに入れたまま」が上位にあがっています。「本体のメモリーに入れたまま」は2012年よりやや増え、また、若年層ほど多い傾向です。男性30代や女性30・40代では「本体の内蔵ハードディスクに入れたまま」、男性40・50代以上や女性50代以上では「パソコンにコピー」が最も多くなっています。利用頻度が高い層では、「パソコンにコピー」「外付けハードディスクにコピー」などがやや多くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング