【デジタルビデオカメラに関するアンケート調査】デジタルビデオカメラを月1回以上利用している人は、所有者の3割強。「持っているが、使っていない」は1割強で増加傾向

PR TIMES / 2014年6月16日 9時26分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『デジタルビデオカメラ』に関するインターネット調査を2014年5月1日~5日に実施し、10,596件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19008/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■デジタルビデオカメラ所有率は4割。月1回以上の利用者は所有者の3割強、「持っているが使っていない」は1割強。過去調査と比較し利用頻度が減少傾向
■デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法は「パソコンにコピー」の他、本体に入れっぱなしという人も多い。「本体のメモリーに入れたまま」は2012年よりやや増加
───────────────────────────────────────────



◆デジタルビデオカメラの所有状況、利用頻度
デジタルビデオカメラを持っている人は、「初めて購入したもの」「買い換え・買い足し」を合わせて40.4%です。20代の所有率が最も低く、10代や30・40代で高くなっています。「持っている(初めて購入したもの)」は女性10・30代で3割弱、「持っている(買い換え・買い足し)」は女性40代で3割弱と他の年代より多くなっています。

デジタルビデオカメラ所有者のうち、月1回以上利用している人は34.0%です。過去調査と比べて利用頻度は減少傾向です。「持っているが使っていない」は1割強で、過去調査より増加しています。20・30代では、月1回以上の利用者が男性5~6割、女性4割と他の年代より多くなっています。


◆デジタルビデオカメラの購入のきっかけ
デジタルビデオカメラ購入のきっかけは、「子供の成長記録のため」(36.5%)が最も多く、「旅行」「入学式・運動会などの園や学校行事」「出産時」が各2割弱で続きます。10・20代では「旅行」が最も多くなっています。週に1回以上利用者では、「旅行」「普段の生活の記録」が他の層より多くなっています。


◆デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法、活用方法
デジタルビデオカメラ利用者に、撮影した映像の保存方法を聞いたところ、「本体のメモリーに入れたまま」「パソコンにコピー」「本体の内蔵ハードディスクに入れたまま」が上位にあがっています。「本体のメモリーに入れたまま」は2012年よりやや増え、また、若年層ほど多い傾向です。男性30代や女性30・40代では「本体の内蔵ハードディスクに入れたまま」、男性40・50代以上や女性50代以上では「パソコンにコピー」が最も多くなっています。利用頻度が高い層では、「パソコンにコピー」「外付けハードディスクにコピー」などがやや多くなっています。

撮影した映像の活用方法は、「家族や友人などと一緒に見る」「自分で見て楽しむ」が各5~6割で上位2位です。男性20代や女性10・20代では「自分で見て楽しむ」が最も多くなっています。


◆デジタルビデオカメラ購入時の重視点
デジタルビデオカメラの購入時の重視点は「価格」(56.9%)が最も多く、「軽さ」「操作性」「画質」「大きさ」「持ちやすさ」が各4~5割で続きます。「軽さ」「操作性」「持ちやすさ」は女性が男性を10ポイント以上上回ります。「画質」「本体の色・デザイン」は若年層、「液晶画面の機能」は女性若年層で多い傾向です。


──<< 回答者のコメント >>────────────────────────────
◆デジタルビデオカメラに対する不満 (全3,301件)
・スマホのカメラがどんどん便利になってきているので、差別化を図るような機能を開発してほしい。(男性46歳)
・データの保存方法がそれぞれで違うので人にデータを渡すときに困る。(女性47歳)
・パソコンに取り込むのがめんどうなイメージがあるので、そこがもっと簡単になるといいなぁと思います。(女性33歳)
・バッテリーがすぐになくなるので、長期の旅行などへ持っていく時は充電器か予備のバッテリーも持参しないといけない点がとても不便。(女性34歳)
・機能が沢山あるのは嬉しいけれど、その分扱い方が難しいです。(女性18歳)
・値段が高いし、頻繁に使うものでもないので勿体ないと思うときがあります。(男性21歳)
・電源を入れた時の立ち上がりが遅くて撮影チャンスを逃すことがあるのが残念。(女性25歳)
・編集が楽に出来ると助かる。付属ソフトが充実してると嬉しい。(男性54歳)


──<< 調査結果 >>────────────────────────────────
<今 回>(2014/5) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19008/
<第6回>(2012/5) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/16608/
<第5回>(2011/5) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/15408/
──────────────────────────*公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

<調査結果、掲載・引用に関するお問合せ>
マイボイスコム株式会社
(TEL・FAX)03-5217-1911・03-5217-1913
(Email)   otoiawase@myvoice.co.jp
(企業HP)   http://www.myvoice.co.jp/

(掲載・引用について) http://myel.myvoice.jp/user_data/keisai.php
*商用目的でない個人のブログ等での部分引用は、申請等の必要はありません。

■これまでの自主調査一覧
  http://myel.myvoice.jp/products/list_all.php

■マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています。
素敵な登録懸賞や、謝礼ポイントもあります。貴方もモニターに参加しませんか。
(モニター登録の詳細) http://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html

■会社概要
所在地  :東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
設立   :1999年7月
資本金  :1億7,800万円
代表者  :代表取締役 高井和久

■事業内容
ネットリサーチ
従来型調査(定性、定量調査)
ミステリーショップ調査
テキストマイニング分析
マーケティングデータ販売

■ ■ マイボイスコム株式会社 ■■
企業ページ          http://www.myvoice.co.jp/
モニターページ        http://www.myvoice.co.jp/voice/
サービス内容         http://www.myvoice.co.jp/service/
リサーチメニュー       http://www.myvoice.co.jp/menu/
twitterアカウント       https://twitter.com/MyVoiceJapan
アンケートデータベース    http://myel.myvoice.jp/
─────────────────

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング