北欧の絵本から生まれた「KUBBE(キュッパ)」、4月中旬、日本語版『キュッパのはくぶつかん』刊行(福音館書店)とともにキャラクタービジネス始動!

PR TIMES / 2012年3月2日 17時15分



株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹、以下トムス)は、4月中旬、福音館書店より刊行される絵本『キュッパのはくぶつかん』を日本デビュー第一弾として、「KUBBE(キュッパ)」の日本におけるキャラクタービジネスに本格着手することをお知らせします。

「KUBBE(キュッパ)」は北欧ノルウェー在住の新人絵本作家、オーシル・カンスタ・ヨンセンによる「KUBBE」シリーズに由来し、物語の主人公である丸太の男の子キュッパをはじめ、北欧ノルウェーを思わせる自然あふれる世界観、素朴で温かみのある絵の魅力、個性的な色使いとデザイン、清新にして親しみやすい味わいを総称したもので、トムスは「KUBBE(キュッパ)」をキャラクターブランドと位置付け、日本語版絵本の刊行とともに、国内におけるキャラクター普及とブランドの浸透を図ってまいります。

シリーズ最初の絵本『KUBBE LAGER MUSEUM』は、2010年5月に原作者の母国ノルウェーのGYLDENDAL社 より刊行されました。「ボローニャ国際児童図書展」を契機にその魅力に早くから注目したトムスは独自の交渉を続け、日本国内における出版および商品化等の権利許諾を得るとともに、原作者との親交を深めてまいりました。その間にもフランス、スウェーデン、韓国での出版が決定、翌2011年にはシリーズ第二弾が本国で刊行されています。そしてこのたび『キュッパのはくぶつかん』として、国内待望のデビューを迎えることとなりました。トムスは絵本刊行を今後のキャラクタービジネスにおける基点とし、刊行記念としてのカフェコラボ、公式サイト運営など、「KUBBE(キュッパ)」の魅力とお客様のライフスタイルのマッチングを重視する情報サービスやプロモーションの充実に注力し、原作者と結んだ強い信頼関係を背景に、ライセンスおよび自社開発商品を通じた提案型ビジネスを推進してまいります。

■KUBBE(キュッパ)公式ホームページ : http://kubbe.jp/

(C)Åshild Kanstad Johnsen/TMS
(C) Gyldendal Norsk Forlag AS 2010 【All Rights Reserved】

≪資料≫--------------------------------------------------------------

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング