アジアインサイトレポート 第9弾『ベトナム市場実態調査旅行編』

PR TIMES / 2014年8月8日 11時6分

北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミンでは、旅行のスタイルに違いがある
国内旅行のニーズは南部ほど高い
国内旅行の相手は、ホーチミン・ダナン市民は“友人や同僚”、ハノイ市民は“家族”が多い




株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)は、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第9弾のレポートでは、『ベトナム市場実態調査旅行編』を発表します。今回は、インテージグループのベトナム法人のINTAGE VIETNAM LLC.が2014年6月にハノイ、ダナン、ホーチミン各都市150人の18~40才の一般男女を対象に実施した訪問面接調査「Viettrack」*の結果をもとに、ベトナム市場を分析しました。

分析者:INTAGE VIETNAM LLC. ビュウ ティ タン

◆はじめに
ベトナムの人々は生活水準の向上にともない、これまで以上に旅行にお金を使うようになってきた。以前は旅行というと、親戚の家を訪ねるか短期間の社員旅行でビーチに行くかが定番だった。しかし、現在ではより良いライフスタイルを求め、多様な旅行の在り方がベトナムの観光業界に新しい図式を生み出している。
そこで、「ベトナム消費者がどのような旅行をするのか?」を、北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミンの3都市別に比較・分析した。

1.現在のベトナム消費者の国内旅行状況
直近1年以内にベトナム国内旅行をしたと回答した人は、ハノイ市民54%、ダナン市民86%、ホーチミン市民は100%であった。この結果から、南部ほど国内旅行ニーズが高いことがわかる。

[図1]直近1年以内にベトナム国内旅行をしたことがある人

2.国内旅行の行先
直近3年間に行ったことがある「国内旅行先」のトップ5は、3都市いずれも近隣の回答が多い。特にダナン市民はトップ5全てがダナン市の位置するベトナム中部のエリアとなった。理由としては、予算の制限や交通の不便さが大きな要因と考えられる。また、属性分析で個人の月収を見てみると、ダナンは他地域よりも収入が低い傾向がみられた。

[図2-1]国内旅行先ランキングトップ5(直近3年間に行ったことがある観光スポット)


[図2-2]3都市別個人月収


※1パーセント以下は非表示

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング