今年も本場フィンランドから来日したサンタクロースが2,300人に夢と希望、笑顔を届けてくれました!

PR TIMES / 2013年12月25日 16時0分

~京都市や福知山市、丹波市そして東北・宮城県仙台市、石巻市を訪問~

株式会社わかさ生活は、日本とフィンランドの双方の理解や友好を深めるための「日本・フィンランド友好プロジェクト」を通じて、本場フィンランドから本物のサンタクロースを日本に招待し、たくさんの子どもたちに夢と笑顔を届ける活動を行なっています。今年は、合計2,319人と交流し、活動9年間で累計16,800人の方に夢と希望、そして笑顔をお届けすることができました。



株式会社わかさ生活(本社:京都市、代表取締役:角谷建耀知)は、日本とフィンランドの架け橋となり、お互いの国の理解や友好、文化交流を深めるための活動として「日本・フィンランド友好プロジェクト」を行なっています。
そのプロジェクトの一環として本場フィンランドから本物のサンタクロースを2005年より毎年招待しています。
その始まりとなったのは、ブルーベリーアイの原材料である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の故郷“フィンランド”のサンタの森への“もみの木の植樹”。
その「もみの木植樹のお礼に」と、フィンランドから日本にやってきたサンタクロースが、たくさんの子どもたちに夢を届けてくれました。
以降この活動は、今年で9年目になり、幼稚園や小学校、児童養護施設などのサンタクロース訪問を毎年継続して行っております。
今年2013年には、合計2,319人と出逢うことができ、9年間で累計16,800人を超える人々に夢と希望、笑顔をお届けすることができました。
活動の実績は下記の通りとなります。

《2013年サンタクロース訪問》
◆12月17日(火)
京都府の盲学校、児童養護施設訪問にて93人と交流
http://ameblo.jp/wakasa-pr/entry-11730693256.html

◆12月19日(木)
兵庫県丹波市、京都府福知山市訪問にて567人と交流
http://ameblo.jp/wakasa-pr/entry-11732464780.html

◆12月20日(金)
大丸京都店クリスマスイベント・ブルブルくんのお店にて556人と交流
http://ameblo.jp/wakasa-pr/entry-11733131472.html

◆12月21日(土)
宮城県仙台市 仙台トラストタワー クリスマスイベントにて489人と交流
http://ameblo.jp/wakasa-pr/entry-11733721761.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング