「iDeCo(イデコ)」の商品ラインアップ大幅拡充のお知らせ

PR TIMES / 2020年10月7日 18時45分

松井証券( https://www.matsui.co.jp/)は、2020年10月18日(予定)より、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の取扱商品を、12種類から業界最多水準の40種類へ大幅に拡充します(*1)。



[画像: https://prtimes.jp/i/19241/130/resize/d19241-130-442160-0.png ]

「iDeCo」は、国民年金や厚生年金などの公的年金とは別に、個人の加入者が掛金を積み立て、運用し、その成果に応じて原則60歳以降に給付金を受け取る年金制度です。加入者は税制上の優遇措置を受けながら、自分自身の将来を支えるための資産形成を行うことができます。

当社は、資産形成に資するサービスの一つとして「iDeCo」の利用を後押ししたいと考えております。2018年3月に同サービスの提供を開始して以降、低コストの商品を厳選して提供する方針を掲げておりますが、この度、その方針を維持しつつ、お客様からの幅広いニーズにお応えするため、商品ラインアップの拡充を決定しました。

具体的には、低コストのインデックスファンドシリーズ「eMAXIS Slim」の拡充や、ターゲットイヤー型(*2)と呼ばれる「三菱UFJターゲット・イヤー・ファンド」、「セレブライフ・ストーリー」などの商品を新たに採用しました(*3)。これを機に、より多くのお客様に同制度の活用を検討いただきたいと考えております。

松井証券は、今後もお客様にとって価値のあるサービスの提供に取り組んでまいります。

以上


*1 「業界最多水準」は当社調べ、2020年10月7日時点。法令上の商品数は、ターゲットイヤー型の商品シリーズを1種類と数えるため、31種類。
*2 あらかじめ設定した年(ターゲットイヤー)に向けて、安定性資産への投資割合を高め、徐々に安定運用へ移行する投資信託。
*3 当社におけるiDeCo取扱商品の詳細は、当社ウェブサイトよりご確認ください。
https://www.matsui.co.jp/news/2020/detail_1007_01.html#04

<取扱商品のリスクおよび手数料等の説明>
□投資信託は、元本保証の商品ではありません。価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
□加入から受取終了までの間、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関等の手数料を掛金からお支払いいただきます。運営管理機関(松井証券)の運営管理手数料は無料です。投資信託での運用中は、信託報酬等の諸経費が発生します。
□業者名等  松井証券株式会社

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング