テラドローンインドネシア、自社開発のLiDARシステム「Terra Lidar」を活用した初の測量で、現地大手建設会社2社のダム建設の効率化に成功

PR TIMES / 2019年5月22日 10時40分

テラドローンインドネシアは、同国内大手の建設会社であるPT Wijaya Karya (Persero) tbk (以下WIKA)とPT PP (Persero) Tbk (以下 PT PP)の、各々のダム建設プロジェクトにおいて、自社開発のUAV LiDARシステム「Terra Lidar」による地形測量を実施しました。この測量により、地形の把握に加え、工事の進捗状況を確認できたことから、計画的な建設プロジェクトの進行が実現できました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/20194/130/resize/d20194-130-699943-0.png ]

一般的に、ダムの建設地の多くは集水域または丘陵地帯に位置しているため、作業員が立ち入ることが難しく、地上での測量は極めて困難でした。また、ダムの建設地の周りには植生が茂っていることも多く、写真測量で精度の高いデータを取得することも難しい現状がありました。

そこで、弊社のTerra Lidar(UAVレーザー)を活用することで、作業員が危険な場所に立ち入ることなく、植生密集地域を含む現場の地形データを短時間で取得。WIKAとPT PPの建設会社2社に対し、ダムの建設地の高精度な3D地形データを提供しました。これにより、実際の進捗状況が正確に把握できるようになったため、当初の工事計画と実際の進行状況とのずれを確認することができ、建設現場の管理を効率化することが可能となりました。

Terra Lidarとは、2019年1月に特許を取得した、従来のおよそ3分の1の価格で提供される、自社開発のUAV搭載レーザシステム。これまでの日本国内での実績を元に、現在世界各国でも導入を進めています。(Terra Lidar HP: https://lidar.terra-drone.net/

テラドローンは、今後もUAV LiDARをはじめとするドローンのテクノロジーを活用し、建設分野のみならず、マイニング、オイルガス、農業など様々な分野における業務の効率化に貢献してまいります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20194/130/resize/d20194-130-381499-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20194/130/resize/d20194-130-569002-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/20194/130/resize/d20194-130-907509-3.png ]


■テラドローン株式会社
東京本社・全国7支社に加え、APACやEU、 アフリカ、オーストラリアなど世界20カ国以上に支社を構える、国内最大級の産業用ドローンサービスカンパニー。国内外にてドローンを用いたレーザー・写真測量、高精度3次元図面の作成、施工管理システムの提供を行っている。日本では大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの案件を中心に、600回以上のドローン測量実績を有し、i-ConstructionのUAV測量実績も全国トップクラス。海外ではオイル&ガス、電力、マイニング分野を中心とした保守・点検サービスの展開を加速させている。現在は国内外で250件以上のUAVレーザー計測実績を基に、早稲田大学との共同開発によるオリジナルLiDARシステム「Terra Lidar」の開発に成功。国内外への販売を拡大している。

ドローン管制システム(UTM)においては、グローバルリーディングカンパニーとして市場を牽引。3年前に筆頭株主としてUnifly社(ベルギー)へ出資後、昨年も追加出資を行い、現在日本、ヨーロッパ、アメリカ等海外各国でUTMシステムを展開している。

テラドローンの最新情報は下記のリンク先をご覧ください。

Facebook: https://www.facebook.com/TerraDrone.jp/
Twitter: https://twitter.com/TerraDrone_JP
Linkedin: https://www.linkedin.com/company/terradronecorp/


■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング