台湾の大学・専門学校に「CLIP STUDIO PAINT」を活用したイラスト・マンガ制作コースを提供  現地パートナーと美術系学校市場の開拓を推進

PR TIMES / 2014年9月10日 12時41分

セルシスは、台湾の美術系大学・専門学校にイラスト・マンガ制作コース用ソフトウェアとして、「CLIP STUDIO PAINT」を現地パートナー企業のGrandTech C.G. Sysytem Inc.(以下、グランテック)と提供いたします。
「CLIP STUDIO PAINT」を使ったコースは、今秋より順次、各学校で開始される予定です。



現在、台湾ではアート・デザイン関連の学科・コースを提供する大学・専門学校が約200校*1あり、そこで学ぶ学生が約80,000人*1と、教育ビジネスとして一定の市場規模があります。世界各国の中でも特に日本コンテンツの人気が高い台湾においては、日本発のイラスト・マンガ制作機能に特化した「CLIP STUDIO PAINT」は、美術系の学生に最適な製品であり、セルシスはグランテックとともに積極的にその市場を開拓していきます。

セルシスは昨年 9 月より、イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の英語版、繁体字版、フランス語版、スペイン語版を販売しており、数多くのグラフィッククリエイターにご愛用いただいています。
今後も「CLIP STUDIO PAINT」の提供を通じて、世界各国のクリエイターの創作活動を支援して参ります。

*1 台湾教育部 http://www.edu.tw/

【グランテックについて】
グランテックは1991年に設立、ソフトウェア販売を中心とする台湾の上場企業です。ここ数年、台湾における2D,3Dグラフィック教育マーケットの開拓を推進しています。コンピューターグラフィック、写真、マルチメディア系ソフトウェア、及び情報セキュリティを主なビジネス領域とし、台湾含むアジア地域にてサービスプラットフォームを確立しています。台北を本社として、香港、北京、上海、広州、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタに拠店を構え、デジタル分野に関する幅広いソリューションを提供しています。また、グローバルブランドの代理店として、Adobe、AME、Wacom、CELSYS、Corel、Symantec、TrendMicro、Oracle、Ruckus、OKI、Canon、HP、Unity、ATI、Shureなどの製品も取扱い、付加価値の高いサービスを展開しています。


【CLIP STUDIO PAINT について】
自然でスムーズな描き味と高解像度・多重レイヤーの作品も軽快に扱えるパワフルな処理能力を備えたWindows/Mac
OS X対応のペイントツール。イラスト制作向けの「CLIP STUDIO PAINT PRO」には、自然でリアルなタッチのペンツール、多彩なペイント表現が可能な筆ツール、効率的に美しく着色するための使いやすい着色ツールなど、イラスト制作に必要なすべての機能と単ページのマンガ制作のための機能が搭載されています。上位グレード版「CLIP STUDIO PAINT EX」は、PROのすべての機能に加え、複数ページの作品の管理機能や、作業効率と作品のクオリティを向上する多彩な機能を搭載し、マンガ制作に最適です。2012 年 5 月の発売以来 2 年間で世界各国の約 600,000 人*2以上のクリエイターに使用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング