人事プラットフォーム「jinjer」の販売体制を強化 「パートナー制度」を開始

PR TIMES / 2018年8月6日 16時1分

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役 西澤亮一)が提供する、人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームサービス「jinjer(ジンジャー)」( https://hcm-jinjer.com/)は、さらなるシステムの需要喚起にむけ、事業者を対象とした「パートナー制度」を開始し、販売体制を強化いたします。

本パートナー制度初の企業として、ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 溝口泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)にて「jinjer」の提供が開始されます。


■jinjer サービス概要
jinjerは、従来ブラックボックス化されてきた人事データを「数値化」「可視化」することで、人事戦略の最適解を導き、人事業務におけるパフォーマンスの向上、さらには企業経営の支援を実現するためのツールです。2016年4月にAIによるエンゲージメントアラート機能や、業界初の管理者機能のスマホ完全対応を備えた勤怠管理システムを、さらに同6月には労務における煩雑な手続きがweb上で簡単完結できる労務管理システムをリリースしました。

■ソフトバンク C&Sについて
ソフトバンク C&Sは、ソフトバンクの創業事業である個人および法人向けIT関連商品の流通事業をはじめ、グループの通信事業などとのシナジーを生かした、モバイルアクセサリー「SoftBank SELECTION」の製造販売、法人向けにモバイルや固定回線などの通信インフラとIT商材を組み合わせたICTソリューションの提供、多様なモバイルデバイスで利用できるウェブサービス、購買支援事業など、ICT関連の商品やサービスを幅広く提供しています。詳細については、 https://cas.softbank.jp/をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング