FRONTIER、4万円台からのリーズナブルなOffice搭載パソコン新発売

PR TIMES / 2012年11月7日 19時22分



~ 今なら次期Officeに無償アップグレードできる ~

株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、2012年11月6日(火)より、低価格帯で人気のSシリーズ(スリムタワー)にマイクロソフト社の「Microsoft(R) Office Personal 2010」をプリインストールしたリーズナブルモデル4機種の販売を開始しています。


■製品の概要

今回発表する新製品は白を基調としたスタイリッシュな筐体デザインに、文書作成などに便利な「Microsoft(R) Office Personal 2010」をプリインストールしています。予算や用途に応じてお選びいただけるように、インテル最新CPUである第3世代Core i7-3770(3.40GHz/8MB)を搭載したパフォーマンスモデル、Core i5-3470(3.20GHz/6MB)を搭載したスタンダードモデル、Celeron G540(2.50GHz/2MB)を搭載したバリューモデルの3機種をご用意しました。各モデルは、必要な機能を省スペースなスリムタワーに集約していますので、職場でも家庭でも置き場所を選びません。


■製品の特長

「便利なオフィスソフト搭載」
文書作成や表計算などが利用できるオフィスソフト「Microsoft(R) Office Personal 2010」をプリインストールしています。また、プレゼンテーション資料などの作成に便利な「PowePoint」や、メモ整理・情報検索に長けた「OneNote」の利用をご希望のお客さまにはプラス5,000円で「Microsoft(R) Office Home and Business 2010」へのアップグレードも可能です。

「次期Officeへの無償アップグレード付き」
今「Microsoft(R) Office Personal 2010」をプリインストールしたパソコンを購入しライセンス認証を行うと、次期Officeに無償でアップグレードできます。[ 2012年10月19日(金) ~ 2013年 4月30日(火)まで]
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013offer/default.aspx

「省電力性の向上」
「3次元トライゲート・トランジスタ」と呼ばれる新技術の採用により、第2世代インテル Core プロセッサー・ファミリー(Sandy Bridge)の同等性能に比べて、消費電力が最大およそ半分となり、省エネ効果は抜群です。(FRS116B/D除く)


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-k.co.jp/)をはじめ、全国通信販売窓口(TEL 0570-00-5530)にて販売を開始しています。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング