タグ・ホイヤーが新広告キャンペーンを発表。ニューヨークシティマラソンとのパートナーシップを開始。

PR TIMES / 2014年8月26日 16時31分

スイス ラグジュアリー ウォッチブランドのタグ・ホイヤーが新広告キャンペーン 「Don’t Crack Under Pressure <プレッシャーに負けるな。>」を発表。ニューヨーク シティ マラソンとの新たなパートナーシップを開始。



1860年創業のスイスのラグジュアリー ウォッチブランドであるタグ・ホイヤーは、2014年8月30日より新たなる広告キャンペーン「Don’t Crack Under Pressure - プレッシャーに負けるな。」を開始、その皮切りとしてニューヨークシティマラソンとのパートナーシップを発表しました。


キャッチコピーの「Don’t Crack Under Pressure - プレッシャーに負けるな。」は単なる主張の域をはるかに超え、力強いマインドセット(思考様式)を提案するものです。これは今なお多くの人々の記憶に残る1990年代初頭に展開されたタグ・ホイヤーのキャンペーンにオマージュを捧げ、タグ・ホイヤーのゆるぎない決意を表します。私たちはこのマインドセットを再び提唱することで、すべての出発点であり、数々の革新を生み出す道のりの起点となった、タグ・ホイヤーのルーツに立ち戻るものです。

スイスの革新的なウォッチブランドであるタグ・ホイヤーの名は、既成概念を打ち破ることで広く知られており、ブランドは常にこの不屈の精神でウォッチメイキングにおける技術的制約を克服し、画期的な技術革新を実現してきました。「Don’t Crack Under Pressure - プレッシャーに負けるな。」は、偉業を成しとげるためには身体的な強さと精神的能力のどちらも不可欠であることを唱え、タグ・ホイヤーのタイムピースはまさにそのスピリットを体現しています。

新広告キャンペーンには、タグ・ホイヤーが誇るドリームチームが登場しその精神力が表現されています。タグ・ホイヤーの価値観を共有するアスリートやパートナーはそれぞれの分野で伝説を築き、自らルールを定めます。完璧主義者ことクリスティアーノ・ロナウド、魅力溢れるマリア・シャラポワ、青い眼の「キング・オブ・クール」ことスティーブ・マックイーン、チャレンジャーことデンプシー・レーシング、マスター・オブ・スピードことマクラーレンF1&GTチーム、そしてイノベーターことフォーミュラEという、錚々たる顔ぶれです。

タグ・ホイヤーがドリームチームと共有するこのスピリットはマラソンランナーにも息づいています。マラソンは、肉体的持久力にも増して精神的強さが重要である、究極のスポーツです。レースでは2時間余りのタイムで到達できるとは思えない距離を走り、完走するためには、肉体的なプレッシャーに負けない強靱な精神力を要します。そして今年、タグ・ホイヤーは新たにマラソンの世界に進出することとなりました。

タグ・ホイヤーが新たにパートナーシップを締結するニューヨークシティマラソンは、1970年より毎年開催されているニューヨークシティマラソンは、ニューヨーク市の5区を走り抜け、マンハッタンをゴールとしています。世界中のプロやアマチュアのランナーが集い、今年は11月2日に開催されます。「Don’t Crack Under Pressure - プレッシャーに負けるな」、タグ・ホイヤーは自らの限界に挑戦する全てのランナーを応援いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング